【知らなきゃ危険】オイルフィルター詰まりの症状は?詰まりの原因や予防策も紹介


     【目次】
  1. オイルフィルター詰まりによる症状とは?
  2. オイルフィルター詰まりの原因は?
    • オイルフィルター詰まりの予防策
    • オイルフィルターの詰まりの判断方法
    • オイルフィルター交換の目安
    • まとめ

    エンジンオイルを健全な状態に保つには、オイルフィルターを詰まらせないことが大切です。

    詰まりが起こると、汚れを適切に取り除けなくなってしまいます。 この記事では、オイルフィルターの詰まりによって引き起こされる症状や原因、予防策などについて詳しく解説します。

    原因やトラブルの発生メカニズムを理解すれば、効果的な対策ができるようになるでしょう。

     

    オイルフィルターを購入するならヨロストがおすすめ

    引用元:ヨロスト公式HP

    オイルフィルターを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

    車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

    また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

    電話番号:0120-464-804
    電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
    ヨロストのオイルフィルターは、↓↓こちら↓↓から。
    商品を見る

     

    オイルフィルター詰まりによる症状とは?

    フィルターが詰まるとさまざまなトラブルが生じます。

    オイルフィルターの詰まりが原因で起きる症状は、以下の通りです。

    • エンジンにダメージを与える
    • オイルが汚れる 

    ここでは、上記2点について詳しく紹介します。最悪修理しなければならなくなることもあるため、サインを見逃さないようにしましょう。

    エンジンにダメージを与える

    フィルターが詰まると不純物やスラッジが溜まり、オイルの潤滑作用が低下します。

    この結果、金属パーツ同士が摩擦し、摩耗や焼き付きが発生してしまうでしょう。 エンジンパーツの破損や劣化を引き起こし、異音や焦げた臭いの発生につながります。最悪、エンジンが急停止してしまう可能性もあるかもしれません。 その場合、エンジンの交換やオーバーホールが必要となります。

    修理には高額な費用もかかるため、詰まりによるエンジンへのダメージは避けたいものです。

    オイルが汚れる

    フィルターが詰まると性能を発揮できず、オイル内に多くの汚れが混入します。

    フィルター内のリリーフバルブが働き、一時的に対処をしますが、ろ過はされません。 汚れが溜まったままで走行を続けると、冷却作用や潤滑作用など本来の役割を果たせなくなります。結果として、部品に負担をかける可能性もあるかもしれません。エンジンの健康状態と性能に深刻な影響を与えるのです。

    フィルターの適切な交換とオイルの清掃は重要で、エンジンの順調な動作と長寿命を確保するために欠かせません。

    警告灯が点滅する

    詰まりによって、ろ過ができなくなると、リリーフバルブが開きます。その結果、警告灯が点滅します。

    警告灯はオイルの不足やポンプの異常など、さまざまな要因で作動します。 フィルターを長い間交換していないなら、詰まりによってオイルが不足している可能性もあります。

    警告灯が点滅しているときは、まずオイルの量を確認し、必要であればフィルターを交換するようにしましょう。

     

    オイルフィルター詰まりの原因は?

    スラッジと呼ばれる不純物が溜まることにより詰まりが生じます。

    スラッジとはエンジンの回転や燃焼によって生成されるもので、金属の粉や燃えカスなどが含まれます。普通の状態であればフィルターがスラッジをくっつけて、クリーンな状態を保つ役割を果たしています。

    しかし、フィルターが長い間交換されない場合、スラッジが詰まる場合があります。これにより、ろ過機能が低下し、不純物がエンジン内に循環するかもしれません。

    定期的にオイルフィルターを交換することは、適切にスラッジや不純物を除去することにつながります。

     

    オイルフィルター詰まりの予防策

    ここでは、詰まらせないための予防策をいくつか紹介します。

    スラッジを完全に無くすことはできませんが、適切なケアによって予防できるでしょう。具体的な方法を解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

    定期的な交換

    詰まりを予防するには、定期的な交換が大切です。

    オイルの交換だけを繰り返すと、フィルター内に残っている汚れが循環し、オイルが劣化してしまいます。 また、フィルターだけを交換すると、汚れたオイルにさらされるため、詰まりが起こりやすくなるでしょう。適切な頻度で交換することが重要です。

    フィルター交換は、オイルの交換2回につき1回がおすすめです。

    専用の工具があれば自分で行えますが、作業経験のない方は専門店に依頼するのがおすすめです。

    車に適したオイルフィルターを選ぶ

    詰まりを予防するには、車に合ったフィルターを選ぶことが大切です。

    フィルターは3種類あるため、車種と合うものを選びましょう。 車に合うかどうかは、車検証の型式やメーカーのウェブサイトに掲載されている適合表、車の取扱説明書を参考にしてください。 適切なフィルターを選べば、詰まりにくくすることができます。

    正確な適合情報を把握して、適したフィルターを選びましょう。

     

    オイルフィルターの詰まりの判断方法

    フィルターが詰まっているかどうかは、どのように判断すればいいのでしょうか。

    ここでは、その判断方法について紹介します。車の症状をチェックし、判断してみてください。

    外観では判断できない

    フィルターの詰まりは、外観だけでは判断できません。

    そのため、定期的な交換を心がけることが重要です。オイル交換のタイミングにあわせて交換すれば、詰まりのリスクを軽減できます。 走行距離3,000km〜5,000kmまたは3ヶ月〜6ヶ月の早い方をオイルの交換目安としておきましょう。

    エンジンオイルランプが点灯する

    フィルターが詰まると、エンジンオイルランプが点灯する場合があります。

    詰まりを起こしろ過ができなくなると、リリーフバルブが作動し、エンジンオイルランプが点灯してしまいます。 ランプの点灯は、エンジンの健康状態やフィルターの問題を示す重要な警告サインです。点灯した場合は、速やかに点検と必要な対処を行うようにしましょう。

     

    オイルフィルター交換の目安

    ここでは、フィルターを交換する目安について紹介します。

    オイルフィルターの交換目安は、以下の通りです。

    • 3,000〜5,000kmで交換する
    • 車購入から半年で交換する

    定期的に交換することで、詰まりを予防することが可能です。時期を把握し、快適で安全な走行を目指しましょう。

    3,000〜5,000kmで交換する

    交換時期の一般的な目安として、走行距離3,000km〜5,000kmごとがおすすめです。

    フィルターは時間とともに汚れや不純物が溜まります。そのため、オイル交換のタイミングや走行距離にあわせてフィルターの交換も行うことが推奨されます。 ただし、走行条件によってはフィルターの詰まりが早まることがあるため気をつけましょう。

    悪路走行や登坂道、短距離走行などの厳しい運転条件では、スラッジの蓄積が早まってしまいます。オイルの劣化やフィルターの詰まりも早まるため、注意が必要です。

    車購入から半年で交換する

    車購入から半年での交換も心がけましょう。

    時間とともに汚れや不純物が蓄積され、その影響でオイルのろ過機能が低下します。 フィルターを交換すれば、エンジン内部の清浄さを保てるため、適切な潤滑作用を確保できるでしょう。 ただし、走行条件や運転スタイルによって詰まりが早まることがあります。

    そのため、適宜状態を確認し、必要に応じて交換するようにしましょう。

     

    まとめ

    オイルフィルターは、エンジンオイルを正常に保つために大切です。

    詰まると、エンジンにダメージを与えたり、オイルが汚れたりし、最悪の場合修理が必要になるでしょう。 詰まらないよう、定期的に交換するのがおすすめです。詰まりは外見では判断できないため、本記事で紹介した目安を参考に、交換時期を検討してみてください。

     

    オイルフィルターを購入するならヨロストがおすすめ

    引用元:ヨロスト公式HP

    オイルフィルターを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

    車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

    また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

    電話番号:0120-464-804
    電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
    ヨロストのオイルフィルターは、↓↓こちら↓↓から。
    商品を見る
    files/DSO-1_1_5f667f7a-f3d3-448f-9162-03af2e20d025.jpg

    DSO-1 オイルフィルター(スズキ・ダイハツ・マツダ・ニッサン・トヨタ)

    360円(税込)~

    files/HO-1_1_a3ed22d2-110c-49d7-bad0-fd414d477694.jpg

    HO-1 オイルフィルター(ホンダ・スバル)

    360円(税込)~

    files/MO-1_1_f71f40ec-74b0-40a0-82e9-dd7f2c557408.jpg

    MO-1 オイルフィルター(ミツビシ・マツダ・スバル・ニッサン)

    360円(税込)~

    products/141010_l.jpg

    MO-4 オイルフィルター(ミツビシ・ニッサン)

    390円(税込)~

    files/NO-4_1_fcdcbca8-19d6-40b9-b946-5498c6bae6c1.jpg

    NO-4 オイルフィルター(ニッサン・マツダ・スバル・いすゞ・スズキ)

    360円(税込)~

    2023年8月07日

    CONTACT

    お問合せ

    ヨロスト。へのお問合せは
    コチラから

    大量注文などのご要望も
    お気軽にご連絡ください