ウォッシャー液に水はNG?代用できる?


     【目次】
  1. ウォッシャー液の代用に水道水はNG
  2. 水道水の利用でカビやコケが生える可能性
  3. ウォッシャー液が凍結する危険性
  4. まとめ

ウォッシャー液の代用として水道水を使うのは、本当に大丈夫なのでしょうか?水なら手軽に入手でき、コストも抑えられそうですが、実は様々なリスクが潜んでいるのです。虫の死骸や油汚れなど、水だけでは落としきれない汚れもあり、専用のウォッシャー液の方が洗浄力は高いといえます。

また、水道水を使い続けるとタンクやホース内で腐敗が進み、カビやコケが発生してノズルが詰まる恐れも。寒冷地では凍結によって緊急時に使えなくなったり、走行中にガラスが凍って視界不良になる危険性もあります。安全で快適なドライブのために、ウォッシャー液は水の代用ではなく専用品を使用することをおすすめします。

ウォッシャー液の代用に水道水はNG

水道水を使うとさまざまな不具合やリスクが生じる

ウォッシャー液の代用として、水道水などの一般的な水を使用することは推奨できません。水を代用として使うことで、車両に様々なトラブルや危険性が発生する可能性があるためです。

愛車のボディに汚れの跡が残ることを心配して、ウォッシャー液から水道水への変更を検討する人もいるかもしれません。確かに物理的には代替可能で、単に汚れを洗い流すだけなら水でも事足りると考えがちですが、そう簡単ではないのです。

水では落としにくい汚れもあるためウォッシャー液が必要

フロントガラスには、 虫の死骸や排気ガスの油分など、水だけでは除去が難しい汚れが多く付着しています。

こうした頑固な汚れを取り除くには、洗浄成分が配合されたウォッシャー液の使用が不可欠なのです。

水道水は日にちの経過とともに腐敗しタンクやホースに悪影響

加えて、 水道水は時間の経過とともに腐敗が進み、ウォッシャータンクやホースに悪影響を及ぼします。

また、寒冷地では水を噴射した際に凍結してしまい、運転中の視界確保が困難になり危険な状況を引き起こします。

ウォッシャー液には洗浄効果以外にも、撥水作用や凍結防止作用などの機能があります。そのため、水道水などの一般的な水ではなく、専用の液体を使用することが大切なのです。

水道水の利用でカビやコケが生える可能性

水道水の塩素が失われると雑菌が繁殖し腐敗が起こる

ウォッシャー液の代わりに水道水を使用すると、タンク内で液体が腐敗し、カビやコケが発生するリスクがあります。水道水には塩素による殺菌効果がありますが、時間の経過とともに塩素が抜けていき、雑菌が増殖しやすい環境になります。その結果、液体が腐敗してしまうのです。

カビやコケによってノズルが詰まる恐れ

腐敗した水道水によってタンク内に発生したカビやコケは、ホースに侵入するとノズルを詰まらせる原因となります。 ノズルが詰まってしまうと、ウォッシャー液が正常に噴射されず、視界の確保が困難になります。その場合、タンクを取り外してカビやコケを取り除く必要があり、ホースやノズルの清掃や交換も必要になる可能性があります。

ミネラルウォーターも殺菌成分がないためカビやコケが繁殖しやすい

ミネラルウォーターもウォッシャー液の代用として適していません。ミネラルウォーターには塩素などの殺菌成分が含まれていないため、水道水以上にカビやコケが繁殖しやすくなります。さらに、ミネラルウォーター中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が、フロントガラスやボディに付着してシミの原因になることもあります。

以上のように、 ウォッシャー液の代用として水道水やミネラルウォーターを使用することは、カビやコケの発生、ノズルの詰まり、視界の妨げなどのトラブルを引き起こす危険性があります。安全で快適なドライブのために、専用のウォッシャー液を使用することをおすすめします。

代用品 リスク
水道水
  1. 液体の腐敗
  2. カビやコケの発生
  3. ノズルの詰まり
ミネラルウォーター
  1. カビやコケの繁殖
  2. ミネラル成分によるシミ

ウォッシャー液が凍結する危険性

水は0℃で凍るため寒冷地では使えなくなる

ウォッシャー液の代用として水道水を使用すると、寒冷地では凍結してしまう危険性があります。水の凝固点は0℃であるため、外気温が氷点下になると液体が凍ってしまうのです。

凍結するとタンクやホースが詰まり緊急時に使えない

凍結したウォッシャー液は、タンクやホース、ノズルを詰まらせてしまい、緊急時に使用できなくなるリスクがあります。

ウォッシャー液が凍結しない理由は、主成分であるエタノールの凝固点が-11℃と低いためです。しかし、水道水にはこのような凍結防止効果がありません。

走行中にガラスが凍ると前が見えず非常に危険

最も危険なのは、走行中にウォッシャーを使用した際、噴射した水がフロントガラスに凍りついてしまうケースです。

周囲の寒さや走行風の影響で、ガラス表面が一瞬で凍結し真っ白になってしまいます。運転中にこのような状態になると、前方の視界が完全に遮られ、非常に危険な状況に陥ります。

普段は温暖な地域でも、冬季に山間部へドライブする機会があれば、ウォッシャー液の凍結に注意が必要です。安全運転のためにも、寒冷地ではウォッシャー液の代用として水道水を使用するのは避けましょう。

まとめ

適切なウォッシャー液を使用することで、これらのリスクを回避し、安全で快適なドライブを楽しむことができます。

ウォッシャー液の代用として水道水を使うのは、おすすめできません。水道水を使うと、虫の死骸や油汚れなどの頑固な汚れが落ちにくく、時間が経つとタンク内で腐敗が進み、カビやコケが発生してノズルが詰まる恐れがあります。また、寒冷地では水が凍結し、緊急時に使えなくなったり、走行中にガラスが凍って視界不良になる危険性も。安全で快適なドライブのために、ウォッシャー液は専用品を使いましょう。



このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、さまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
products/308897_l.jpg

ウインドウォッシャー液(J-54) 業務用 20L

2,300円(税込)~

products/320003_l.jpg

-35℃対応 オールシーズン ウィンドウォッシャー液 2L

400円(税込)~

products/320000_l.jpg

ウィンドウォッシャー液 一般用 2L

290円(税込)~

2024年4月17日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください