スリングベルトの使用荷重とJIS等級をわかりやすく解説!


     【目次】
  1. スリングベルトの基本知識
  2. JIS規格のスリングベルト等級とは
  3. スリングベルトの選び方
  4. 安全なスリング作業のためのポイント
  5. まとめ

様々な荷物を取り扱う際には重量物の吊り上げが欠かせませんが、その際不可欠なのがスリングベルトです。しかし、どのように適切なベルトを選べばいいのでしょうか?

今回は、スリングベルトの最大使用荷重と、それを左右するJIS規格の等級について、初心者にもわかりやすく解説します。物流関係、運送関係に詳しくない方でも、スリングベルトの基本知識から選び方、安全な作業ポイント、トラブル対策までを簡潔に把握できるコンテンツをご紹介。

この記事を読むことで、正しい知識を身につけ、日常の作業効率と安全性を高めましょう。

slingbelt

スリングベルトの基本知識

スリングベルトとは?

スリングベルトは、貨物運搬や荷役作業に不可欠な道具として広く使用されています。これは、柔軟かつ強靭なテープ状の素材で作られ、荷物を吊り上げたり移動させたりする際に使用され、重量物の取り扱いを安全に行うために設計されています。主にポリエステルやナイロンなどの合成繊維が材料として用いられており、その特性上、伸縮性が少なく耐久性に優れるため、幅広い現場で信頼されています。

スリングベルトは、質量が大きな荷物を吊り上げる時に発生する力を均一に分散させることができるため、荷物を安全にかつ均等に持ち上げる手助けをします。荷物の種類や形状、重量に応じて適切なスリングベルトを選択することが重要であり、それにはベルトの幅や厚み、長さ、耐荷重などの選定が必須です。

また、現場に応じて複数のスリングベルトを組み合わせて使用することがあります。複雑なリフティング作業でも、適切なスリングベルトの選択と使用法を理解していれば、作業の効率性と安全性を同時に向上させることができるでしょう。

スリングベルトの種類

スリングベルトにはいくつかの主要なタイプがあり、それぞれ特定の使用状況に適しています。例えば、一般的によく使われるタイプに、フラットスリングとラウンドスリングがあります。フラットスリングは、その名の通り平たいストラップ型で、表面積が広いために荷物を傷つけにくく、ラウンドスリングは円筒形で伸縮性があり、柔らかい荷物や不規則な形状の荷物に適しています。

また、これらのスリングベルトは更に細かく分けられており、「両端アイ型」や「エンドレス型」などの構造によっても特長が異なります。両端アイ型はリング部分があり、荷掛けに便利です。エンドレス型は終わりがないループ状で、異なるリフティングポイントや角度に簡単に調節が可能です。

さらに、スリングベルトにはチェーンスリングやワイヤロープスリングなど、他の材質を使用したものも存在します。これらはナイロンやポリエステル製のスリングベルトと比べて耐熱性や耐摩耗性に長けており、特に厳しい環境下や高温下で使用されることが多いです。

JIS規格とスリングベルトの関係性

JIS規格は、スリングベルトの安全性と信頼性を保証する日本の国家規格です。この規格は、ベルトの強度、耐久性、さらには使用時の最大荷重などを定めており、それによって製品の品質が保証されます。例えば、スリングベルトのJIS B 8818は、ナイロンあるいはポリエステル製のスリング用の規格を示したものになります。

この規格に従って製造されたスリングベルトは、JISマークを取得しており、ユーザーはそのマークを見ることによって、安全な製品であると確信できます。また、JIS規格は日本だけでなく、国際規格としても認められており、品質を重視する上で不可欠な存在となっています。

JIS規格には複数の等級があり、それによってスリングベルトの最大使用荷重が異なります。等級が高いほど、大きな荷重を安全に吊り上げることが出来るようになっていますが、選定にあたっては作業に必要な条件を正確に把握し、適切な等級の製品を選ぶことが重要です。

スリングベルトの正しい保管方法

スリングベルトを長持ちさせ、安全性を常に保つためには、正しい保管方法が重要です。まず、スリングベルトは直射日光や高温多湿を避け、換気の良い涼しい場所に保管することが推奨されます。紫外線や湿気は素材を劣化させる原因となるため、これらの環境下での保管は避けるべきです。

さらに、スリングベルトは折り曲げたり結んだりせずに、平らかつ清潔な表面に巻くか吊るして保管することが望ましいです。不適切な保管方法や汚れ、油脂が付着した状態で放置されると、ベルトの強度が低下し予期せぬ事故につながる可能性があります。

そしてスリングベルトを使用する前後には必ず点検を行い、摩耗や損傷がないかをチェックする必要があります。もし破損や変形などの兆候が見られた場合は、直ちに使用を中止し、安全を保つために新しいものと交換することが肝心です。長期にわたり安全な使用を継続するためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。

check

JIS規格のスリングベルト等級とは

スリングベルトは、荷物を安全に吊り上げたり移動させたりするための工業用ベルトであり、その品質や安全性を保証するために、日本工業規格(JIS)によって様々な基準が設けられています。JISで定められているスリングベルトの等級は、その製品が持つ耐力の指標であり、使用される環境や条件に応じて適切な選択が必要です。

等級ごとに許容される最大使用荷重が異なるため、ユーザーは特定の作業に最適な製品を選ぶことができます。信頼性と安全性が求められる物流や建設現場で広く用いられており、正しい知識をもって選択することが事故防止につながります。

本稿では、JIS規格B 8818に基づくスリングベルトの等級について解説し、再確認のための目安を提供します。これにより、関連業者や使用者がスリングベルトを選択する際の理解を深めることを目指します。

JIS規格B 8818の概要

JIS規格B 8818は、スリングベルトに関する日本の国家規格です。この規格では、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使ったスリングベルトの各種性能基準が定められており、製造から検査、表示方法に至るまでの規程が詳細に記されています。

スリングベルトの製品ごとに異なる使用荷重や安全基準をはっきりさせるために、JIS規格B 8818は非常に重要です。この規格に従うことで、製品の品質管理が徹底され、結果的に最終ユーザーの安全が保障されます。

製品にJISマークが付されているか否かは、品質の証ともなります。従って、各企業や業者は規格に準拠した製品を選ぶことで、信頼性の高い運搬作業を実施することができるようになります。

スリングベルト等級の分類と特徴

スリングベルトの等級は、主に1等級から4等級まであり、ベルトの幅と等級に応じた最大使用荷重が設定されています。たとえば幅が同じであっても、等級が上がるごとに許容される荷重が増えます。

1等級は基本的な作業で広く用いられる一方で、より重い荷物を吊り上げる必要がある場合には、3等級や4等級の製品が選択されることが多いです。これにより、多岐にわたる作業に対して適切な製品を選ぶことができるようになっています。

スリングベルトの等級選びは、安全管理の上で極めて重要なプロセスです。間違った等級のベルトを使用することは安全性を損なう原因にもなり得るため、JIS規格表や製品のラベルを正しく読み解き適切な選択をすることが求められます。

okay

スリングベルトの選び方

スリングベルトは、様々な産業で荷物を吊り上げたり、移動させたりするために使用されます。その際、安全な作業を行うためにもスリングベルトの選び方は重要です。等級別の最大使用荷重、適切なスリングベルトの選定基準、さらに荷物の形状とスリングベルト等級との関係性を理解することが大切です。

等級別の最大使用荷重の理解

スリングベルトは複数の等級に分かれており、各等級で最大使用荷重が異なります。等級が高いほど、より重い荷物を安全に吊り上げられる能力があります。しかし、このことは必ずしも等級が高ければ品質が良いという意味ではありません。あくまでも許容荷重に応じた等級が用意されているのです。

等級別の使用荷重を知ることは、現場での安全確保に直結します。間違った等級のスリングベルトを使用してしまうと、荷物の落下や事故の原因になりかねません。そのため、使用する前には必ずスリングベルトの等級を確認し、適正な使用荷重範囲内で作業を行うよう注意が必要です。

JIS規格では、スリングベルトの最大使用荷重が明確に定められています。これにより、一目で最大どれくらいの荷重まで安全に吊り上げることが可能かがわかります。例えば、一般的なナイロン製のスリングベルトにおいて、等級に応じた最大使用荷重は異なり、適切な選定が必須となります。

作業に適したスリングベルトの選定基準

スリングベルトを選定する際には、予定される吊り荷の重量だけでなく、使用環境や作業内容を考慮する必要があります。例えば、鋭利なエッジがある荷物や熱を持つ物体を吊り上げる時には、保護スリーブが施された特殊なスリングベルトの選定が重要です。

また、スリングベルトの耐久性や耐化学薬品性、耐摩耗性も選定基準となります。これらの特性は、長期にわたって同じスリングベルトを安全に使用するための基準となるため、詳細な製品の仕様を確認し、作業条件に最適なものを選ぶべきです。

さらに、JIS規格に適合しているかどうかも、スリングベルト選定における重要なポイントの一つです。JIS規格に適合しているスリングベルトは、その品質や性能が認められており、安全で確実な作業をサポートします。

荷物の形状とスリングベルト等級の関係性

荷物の形状は、スリングベルトを選ぶ際の重要な要素です。不規則な形状や角がある物体を吊り上げる場合、荷物のエッジ部分がスリングベルトに圧力を集中させ、破損のリスクを高めることがあります。そのため、エッジ保護のための補強が施された高等級のスリングベルトの選択が不可欠となることもあります。

また、柔らかい表面を持つ荷物を傷めずに吊り上げるためには、表面が滑らかなスリングベルトや、荷物に応じて適切な幅を持つスリングベルトを選択することが望ましいです。このように、荷物の形状に応じて、スリングベルトの選定を行うことで、荷物へのダメージを軽減するとともに、作業の安全性が高まります。

最終的には、荷物の形状、質量、作業環境を総合的に検討し、これらに最も適したスリングベルト等級を選択することが安全で効率的な作業を実現するカギとなります。

safety

安全なスリング作業のためのポイント

次に、スリングベルトの正しい点検方法、荷重に応じた使用法、そしてスリング作業時の注意事項を解説します。

スリングベルトの点検方法

スリングベルトの点検は使用前に必ず行わなければなりません。点検の際には、切れ目、磨耗、摩耗、損傷、UVによる劣化などがないかを確認します。また、ベルトの両端や縫製部分にも注意を払い、ほつれや糸の飛び出しがないかを検査します。

特にJIS規格に則ったスリングは、定められた基準に基づいて製造されているため、規格への適合状況をチェックすることも重要です。使用履歴や荷重履歴を記録し、定期的な検査を行うことで早期の劣化を捉えることができます。

点検時に劣化や損傷が見つかった場合は、直ちにそのスリングベルトの使用を中止し、修理や交換の措置を取るべきです。

荷重に応じたスリングベルトの使用法

スリングベルトのJIS規格等級は、ベルトの横幅によって決定された最大使用荷重を示しています。等級ごとに設定された荷重を超える使用は厳禁です。例えば、1等級のベルトは最も低い荷重に対して、4等級のベルトは最も高い荷重に耐えることができます。

吊り上げる荷物の重量を事前に計測し、それに適合する等級のベルトを選択することが肝心です。また、荷物の形状や吊り方によって荷重が集中する場合があるため、安全係数を考慮した上で余裕をもった等級のベルトを利用することをお勧めします。

正しい選択を行うためには、メーカーが提供する使用荷重表やJIS B 8818などの規格表を参照すると良いでしょう。

スリング作業時の注意事項

スリング作業を行う際は、様々なリスクが存在するため細心の注意が必要です。まず、作業者間のコミュニケーションを明確にし、吊り上げ作業に関わる指示や動作が理解されていることを確認します。

また、吊り荷の周囲の環境にも注意が必要であり、障害物がないか、吊り荷の落下による危険エリアは確保されているかを確かめる必要があります。風や振動などの外的要因もリスクとなり得るため、これらも事前評価することが推奨されます。

最後に、スリングベルトは正しい方法で荷物に取り付けることが大切です。荷物とベルトの摩擦係数、吊り角度、バランス等を適正に保ちつつ、荷物が安全に吊り上げられるように工夫しましょう。

okay

まとめ

自動車部品の取り扱いに欠かせないスリングベルト。JIS規格B 8818に基づき、耐荷重を考慮した適切な等級のスリングベルト選びは、事故を防ぎ安全を確保します。最大使用荷重は等級が高いほど大きく、正確な荷物の重さと形状の把握が不可欠です。

日々の点検と適切な保管は、耐久性を維持しトラブルを防ぐために役立ちます。作業効率と安全性の向上のためにも、正しい知識と使用法の理解が重要です。選定の際は、最終チェックリストを活用し、安心して使用できるスリングベルトを選びましょう。

このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連や物流関連の商品を取り扱うオンラインストアです。スリングベルト, ラッシングベルトといった必需品から、さまざまな商品を取り扱っています。

自動車関連用品、物流関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

products/331101_l.jpg

JIS規格 ナイロンスリングベルト25mm幅

1,500円(税込)~

products/331201_l_2555d1ab-b93f-4eda-91f7-a1c69def7906.jpg

JIS規格 ナイロンスリングベルト35mm幅

2,000円(税込)~

products/331301_l.jpg

JIS規格 ナイロンスリングベルト50mm幅

3,000円(税込)~

products/331301_l_011c88fe-0351-4ec2-88d7-ec558cf3ae1f.jpg

JIS規格 ナイロンスリングベルト75mm幅x長さ2.5m

3,850円(税込)~

2024年2月23日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください