エンジンオイルの色が黒いとやばい?確認方法や解決策など詳しく紹介


 「エンジンオイルの色は確認が必要なのか」と、疑問に感じる方もいるでしょう。

車体同様にエンジンオイルも劣化するため、定期的な確認が必要です。確認した際に、オイルの色が黒色の場合、エンジントラブルにつながる恐れがあります。

この記事では、エンジンオイルが変速する理由や放置をした場合の影響を解説します。エンジンオイルの色が変色してきた気がすると感じている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る



エンジンオイルが黒く変色しているとやばい?


車のエンジンオイルが黒く変色しているのは、オイルが劣化している合図なので、できる限り早めに交換しましょう。本来、エンジンオイルは細かな鉄粉や他の汚れを吸着させ、綺麗なエンジンオイルを循環させる役割を担います。

しかし、黒く変化し劣化したオイルは、従来の機能を果たせなくなるため、車の性能や機能を著しく低下させます。

エンジンオイルが原因で、車体や走行中のトラブルへとつながる可能性が高まるので、注意してください。


エンジンオイルの色が変色する理由は?


エンジンオイルが変色する理由は、以下のとおりです。

  • 車の走行距離が長くなっている
  • 清浄機能が作動している

車の走行距離が長くなっている

エンジンオイルは、車の走行距離が長くなってくると、色が変色してきます。

砂利道やエンジンに負荷をかけるような走行環境も、オイルが変色する原因です。車の走行距離が長くなると、エンジンに大きな負担をかけるためエンジンオイルの交換時期が早くなります。

高速道路の利用など、走行スピードが速い場合もエンジンオイルの変色につながりやすいです。

清浄機能が作動している

エンジンオイルが変色する理由として、清浄機能が作動していることが挙げられます。

車を走行する際、道路の汚れや部品の摩擦によって、排出される細かな鉄粉などを吸着させることが原因となります。また、ススやスラッジなども発生するため、エンジンオイルの役割の1つである清浄機能でエンジン内部の汚れが蓄積しないようになっていてそれが原因でも変色します。

汚れを吸着させる量や頻度が多くなると、清浄しにくくなり、エンジンオイルは黒く変色するのです。


変色したエンジンオイルを放置するとどんな悪影響がある?


変色したエンジンオイルを放置した場合、以下の悪影響があるといわれています。

  • エンジンの焼き付きが起こる
  • 燃費が低下する
  • エンジンが摩耗する
  • 異音の発生する
  • オイル上がりにつながる

各影響について、詳しく解説しましょう。

エンジンの焼き付きが起こる

変色したオイルを放置した場合、劣化によるエンジンの焼き付きが起こります。

一般的に、エンジンオイルの役割である「冷却」「潤滑」によって、焼き付きを防いでいます。冷却はエンジンの高温を防ぎ、潤滑は部品同士の摩耗速度を落とす役割があります。

しかし、変色するほど劣化したエンジンオイルでは、対処しきれないことから交換が必要です。劣化を放置したままにすると、エンジンおよび車体にまで影響を及ぼします。


燃費が低下する

劣化したエンジンオイルを放置すると、車の燃費が低下してしまいます。エンジンオイルの役割である「密封」機能が作用しなくなるからです。車の燃費は、燃費ガスの漏れを防いで気密性を保つエンジンオイルによって維持されています。

エンジンオイルの密封機能で、パワーロスもなく長期的な燃料維持が可能です。変色したエンジンオイルを放置したままにすると、密封性が維持できなくなり、結果的に燃費の低下につながります。


エンジンが摩耗する


変色したエンジンオイルを放置した場合、エンジンが摩耗するので注意が必要です。

エンジンの部品は、回転・往復運動を高速で車にエネルギーを発生させているため、オイルが部品同士の摩耗を防ぐ潤滑機能を果たしています。

しかし、オイルが劣化すると徐々に粘度は柔らかくなり、摩耗や抵抗を軽減できずに回転運動の滑らかさがなくなります。エンジンだけではなく、車体トラブルの可能性が高くなるでしょう。

 

異音の発生する

変色したエンジンオイルを放置した際、車体から異音が発生する場合があります。

潤滑作用があるエンジンオイルは、部品同士の油膜として摩耗や衝撃を緩和可能です。しかし、変色するほど劣化したオイルでは、潤滑作用の機能を果たせません。

結果的に、走行中にエンジン内部や車体などから、異音や振動などを発生させます。エンジンオイルの交換や、最悪の場合修理費用などがかかる可能性もあるので、交換が重要です。

 

オイル上がりにつながる

変色したエンジンオイルを放置したままの場合、オイル上がりにつながる恐れがあるので注意が必要です。

エンジンオイルは気密性の機能も担うため、劣化するとエンジン部品同士の摩耗や摩擦によって隙間が広がります。部品同士の隙間が広がると、エンジンオイルが流れ出てガソリンと一緒に燃焼されます。

オイルとガソリンが燃えると、白煙が排出されオイルの焼けた匂いがするのが特徴です。また、オイル漏れにもつながりかねないため、白煙を確認した時点で点検を行いましょう。


どんな時にエンジンオイルは変色しやすい?


エンジンオイルが変色しやすい主な要因は、2つあります。

  • 汚れを取り込んで蓄積するから
  • 酸化劣化するから

エンジンオイルは、燃料の燃えカスであるススやスラッジなどの汚れを常に吸着させ、清浄機能でエンジン内部を綺麗に保っています。

しかし、エンジンオイルを交換しないと汚れが蓄積してオイルが汚れるので注意が必要です。

また、エンジンオイルは熱や空気によって酸化劣化するため、オイルの変色につながります。密封性があっても、完全な密封ではないため、交換をしないオイルは黒くなりやすいです。


エンジンオイルの色の確認方法


オイルレベルゲージをウエスで拭き取る方法によって、 エンジンオイルの色を確認できます。

エンジンオイルにあるオイルレベルゲージを抜き、白色のウエスで拭いて色を確かめましょう。コンディションの良いオイルは、透明感のある黄色が基本です。

劣化したオイルは、黒色やこげ茶色など濁った色をしています。ただし、色だけではなく、粘度が弱く、サラサラした感じになっている場合は早めの交換がおすすめです。


よくある質問


エンジンオイルの変色に対して、よくある質問は以下です。

  • エンジンオイルの色が変わっていなければ大丈夫ですか?
  • エンジンオイルは最初どのような色をしているの?

同じ疑問を抱える方も、回答を参考にしてください。


エンジンオイルの色が変わっていなければ大丈夫ですか?

変色をしていない場合でも、エンジンオイルは劣化している場合があります。

エンジンオイルの変色は劣化の判断基準になりますが、オイルの粘度もあわせて確認しておきましょう。粘度が強い場合は潤滑作用の低下、粘度が弱い場合はガスやガソリンの混入につながります。


エンジンオイルは最初どのような色をしているの?

エンジンオイルは、通常透明感のある黄色や赤茶色が最初の色です。

汚れの蓄積や劣化が進むと、濁り・こげ茶色・黒色に変化していきます。エンジンオイルの点検時などに、ウエスに汚れが付着したり色が不自然に感じたりした場合は、劣化している合図です。

また、新品のエンジンオイルを見る機会は少ないため、写真などを残して見比べると劣化がわかりやすいです。


まとめ


 

エンジンオイルが変色すると、劣化している証拠です。黒色やこげ茶色などをしていると、特に汚れているため、速やかなオイル交換を行う必要があります。

オイルレベルゲージをウエスで拭き取った際に、小さくキラキラしたものが付着している場合は、汚れが蓄積しているので交換すると良いでしょう。

エンジンオイルの劣化は色だけではなく、オイルの粘度にも注意しましょう。粘度の強度は車体の内部に大きな悪影響を及ぼします。エンジンオイルが劣化した場合は、放置せずに交換してください。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る
2024年1月15日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください