バッテリー上がりの対策って何すればいい?徹底ガイド!


バッテリー上がりは、車を所有する上で誰もが経験する可能性のあるトラブルです。適切な対策を怠ると、エンジンの始動ができなくなるだけでなく、バッテリーの寿命を縮めてしまう恐れがあります。

そこで今回は、バッテリー上がりの原因と症状、日常的な予防策、緊急時の対処法、バッテリー交換の目安など、バッテリー上がり対策に関する徹底ガイドをお届けします。

このガイドを参考に、正しいバッテリーメンテナンスを行うことで、バッテリー上がりを防ぎ、車両の安定した運用を実現しましょう。

     【目次】
  1. バッテリー上がりとは?原因と症状
  2. バッテリー上がり防止の日常的な対策
  3. バッテリー上がりの緊急時の対処法
  4. バッテリー交換のタイミングと選び方
  5. バッテリーメンテナンスのベストプラクティス
  6. まとめ

バッテリー上がりとは?原因と症状

バッテリー上がりの定義

バッテリー上がりとは、自動車のバッテリーが放電して十分な電力を供給できなくなった状態を指します。 バッテリーの電圧が低下し、エンジンの始動やエレクトリカル機器の動作に必要な電力を供給できなくなります。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりには、いくつかの原因が考えられます。

  1. ライトやオーディオ機器などの電装品の使いすぎによる過放電
  2. エンジンを停止したままの状態で長時間電装品を使用
  3. オルタネーターの故障によるバッテリーへの充電不足
  4. バッテリーの経年劣化による性能低下
  5. 極端な低温や高温によるバッテリーへのダメージ

バッテリー上がりの典型的な症状

バッテリー上がりが発生すると、以下のような症状が現れます。

症状 説明
エンジンがかからない スターターモーターが回らない、または回っても弱い
ライトの減光・点灯しない ヘッドライトやルームランプが暗くなったり、点灯しなくなる
電装品の動作不良 パワーウィンドウやオーディオ、ナビゲーションなどが正常に作動しない
警告灯の点灯 バッテリー警告灯やオルタネーター警告灯が点灯する

これらの症状が見られた場合、バッテリー上がりの可能性が高いため、早めの対処が必要です。

バッテリー上がりの修理

バッテリー上がり防止の日常的な対策

定期的なバッテリーの点検と清掃

バッテリー上がりを防ぐには、 バッテリーの状態を定期的にチェックし、必要に応じてメンテナンスを行うことが重要です。

具体的には、以下の点検と清掃を行います。

  • バッテリー液量の確認と補充
  • バッテリー端子の腐食や緩みのチェックと清掃
  • バッテリーケースの亀裂や損傷の有無の確認
  • バッテリー電圧の測定と記録

これらの作業を定期的に実施することで、バッテリーの異常を早期に発見し、適切な対処を行うことができます。

適切な充電と放電のサイクル管理

バッテリーの寿命を延ばし、上がりを防ぐには、適切な充電と放電のサイクルを維持することが大切です。

以下のような点に注意しましょう。

  1. 短距離走行が多い場合は、定期的に長距離走行を行い、バッテリーを十分に充電する
  2. 車両を長期間使用しない場合は、バッテリーを取り外すか、定期的に充電器で充電する
  3. 過充電や過放電を避け、バッテリーに負担をかけないようにする
  4. 車両のオルタネーターが正常に機能しているか確認する

適切な充電と放電のサイクルを管理することで、バッテリーの性能を最適に保つことができます。

車両の適切な使用と駐車方法

バッテリー上がりを防ぐには、車両の使用方法や駐車方法にも気を配る必要があります。

以下のような点に注意してください。

  • エンジンを停止したままライトやオーディオ機器を長時間使用しない
  • 車両を駐車する際は、電装品のスイッチを切る
  • 寒冷地では、車両をガレージや屋根付き駐車場に駐車するなど、極端な低温からバッテリーを保護する
  • 炎天下での長時間駐車を避け、可能な限り日陰に駐車する

日常的な車両の使用と駐車方法に気を付けることで、 バッテリーへの負担を軽減し、上がりのリスクを減らすことができます。

バッテリー

バッテリー上がりの緊急時の対処法

バッテリー上がりに遭遇した際は、冷静に状況を判断し、適切な対処法を選択することが重要です。以下に、バッテリー上がりの緊急時に取るべき対処法をご紹介します。

ジャンプスタートによるエンジン始動

ジャンプスタートは、 別の車両のバッテリーを使ってエンジンを始動させる方法です。ジャンプスタートを行う際は、以下の手順に従ってください。

  1. ブースターケーブルを用意し、両方の車両のエンジンを停止させる
  2. ケーブルの赤いクリップを、上がったバッテリーのプラス端子に接続する
  3. もう一方の赤いクリップを、助けを求める車両のプラス端子に接続する
  4. 黒いクリップを、助けを求める車両のマイナス端子(または車体の金属部分)に接続する
  5. 助けを求める車両のエンジンを始動し、数分間アイドリング状態を維持する
  6. エンジンが始動したら、ケーブルを接続の逆順で取り外す

ジャンプスタートを行う際は、ケーブルの接続順序と極性に注意し、安全に作業を行ってください。

外部バッテリー充電器の使用方法

外部バッテリー充電器は、 バッテリーが上がった車両に直接接続して充電を行うデバイスです。外部バッテリー充電器を使用する際は、以下の手順を踏んでください。

  1. 外部バッテリー充電器を車両のバッテリー端子に接続する
  2. 充電器の電源を入れ、バッテリーの充電を開始する
  3. バッテリーの電圧が回復するまで充電を継続する(通常30分~1時間程度)
  4. 充電完了後、充電器を取り外し、エンジンを始動させる

外部バッテリー充電器は、ジャンプスタートよりも時間がかかりますが、安全で確実なバッテリー充電が可能です。

専門店への連絡

自力でのバッテリー上がり対処が難しい場合や、原因が不明な場合は、 専門店に連絡を取ることをおすすめします。専門家が現場に駆けつけ、適切な対処を行ってくれます。

連絡する際は、以下の情報を伝えるようにしましょう。

  • 車両の位置情報(住所、目印になる建物など)
  • 車両の詳細情報(メーカー、モデル、年式、車両番号など)
  • バッテリー上がりの状況(症状、発生した状況など)
  • 連絡先情報(氏名、電話番号など)

専門家の助言に従い、適切な対処を行うことで、バッテリー上がりの問題を速やかに解決することができます。

バッテリーの電気を分けてもらう

バッテリー交換のタイミングと選び方

バッテリー寿命の目安と交換サイン

自動車バッテリーの一般的な寿命は、 通常の使用状況で約3~5年とされています。ただし、この寿命は気温や使用頻度、車両の状態などによって大きく変動する可能性があります。

バッテリー交換の必要性を示すサインには、以下のようなものがあります。

  • エンジン始動時のスターターの回転が弱くなる
  • ヘッドライトの光量が低下する
  • 電装品の動作が不安定になる
  • バッテリー液の減少や変色が見られる
  • バッテリーケースの膨張や変形が見られる

これらの症状が現れた場合、バッテリー交換を検討する必要があります。定期的な点検とメンテナンスにより、バッテリーの状態を把握しておくことが重要です。

適切なバッテリー型式の選択 tips

バッテリー交換の際は、 車両に適合する正しいバッテリー型式を選択することが不可欠です。適合しないバッテリーを使用すると、性能の低下や故障の原因となる可能性があります。

適切なバッテリー型式を選ぶためのポイントは以下の通りです。

  1. 車両の取扱説明書やバッテリー上のラベルで、適合するバッテリー型式を確認する
  2. バッテリーのサイズ(長さ、幅、高さ)が車両のバッテリー収納スペースに適合していることを確認する
  3. バッテリーの端子位置(左右)と極性(プラス、マイナス)が車両側と一致していることを確認する
  4. バッテリーの容量(Ah)と始動性能(CCA)が車両の要求仕様を満たしていることを確認する

適切なバッテリー型式を選択することで、最適な性能と信頼性を確保できます。不明な点がある場合は、専門店やディーラーに相談するのも良いでしょう。

信頼できる販売店のポイント

バッテリー交換の際は、 信頼できるブランドの製品を選び、評判の良い販売店で購入することをおすすめします。品質の高いバッテリーを選ぶことで、長期的な信頼性とパフォーマンスを確保できます。 また、販売店選びの際は、以下の点に注意しましょう。

  • 自動車部品専門店やカー用品店を選ぶ
  • ブランド認定店や正規代理店を優先する
  • バッテリーの保証内容と返品・交換ポリシーを確認する
  • 店舗の評判や顧客レビューを参考にする

信頼できるブランドと販売店を選ぶことで、安心してバッテリー交換を行うことができます。

バッテリーメンテナンス

バッテリーメンテナンスのベストプラクティス

バッテリー液量の定期チェックと補充

バッテリーの性能を最適に維持するには、定期的にバッテリー液量をチェックし、必要に応じて補充することが大切です。 液量が下限ラインを下回っている場合は、精製水を上限ラインまで注ぎ足します。その際、バッテリー液が皮膚や衣服に付着しないよう注意が必要です。

バッテリー液量のチェック頻度は、以下の目安に従ってください。

  • 通常使用の場合:3ヶ月ごと
  • 高温多湿な環境下や頻繁な使用の場合:1ヶ月ごと
  • シールドタイプのメンテナンスフリーバッテリーの場合:チェック不要

定期的なバッテリー液量の管理により、バッテリーの過放電や劣化を防ぎ、上がりのリスクを軽減できます。

端子部の腐食防止と接触不良の解消

バッテリーの端子部は、腐食によって接触不良を起こし、バッテリー上がりの原因となることがあります。 端子部の腐食を防ぎ、確実な接続を維持するためには、定期的な清掃とメンテナンスが不可欠です。

端子部のメンテナンス手順は以下の通りです。

  1. バッテリーの端子部に緩みや腐食がないか点検する
  2. 腐食が見られる場合は、重曹水または専用の端子クリーナーで汚れを取り除く
  3. 端子部とケーブル端子の接触面を清掃し、乾燥させる
  4. 端子部にバッテリー端子保護剤やグリースを薄く塗布し、腐食を防止する
  5. ケーブル端子を端子部に確実に接続し、締め付ける

端子部の定期的なメンテナンスにより、接触不良を解消し、バッテリー性能の維持と上がり防止に役立ちます。

長期保管時のバッテリー管理方法

車両を長期間使用しない場合、バッテリーの放電により上がりが発生する可能性があります。 長期保管時のバッテリー上がりを防ぐには、適切な管理方法が必要不可欠です。

以下は、長期保管時のバッテリー管理のポイントです。

  1. 車両からバッテリーを取り外し、乾燥した涼しい場所に保管する
  2. バッテリー端子部をきれいに清掃し、端子カバーやグリースを塗布して腐食を防止する
  3. フロート式の充電器を用いて、定期的にバッテリーを充電する(約1ヶ月ごと)
  4. バッテリーを車両に戻す際は、端子部の清掃と接続確認を行う

また、長期保管前にバッテリーを満充電しておくことも、上がり防止に効果的です。適切な管理を行うことで、バッテリーの性能を維持し、長期保管後もスムーズなエンジン始動が可能となります。

バッテリー

まとめ

バッテリー上がりを防ぐには、日常的な点検とメンテナンスが欠かせません。定期的なバッテリー液量チェックや端子部の清掃を行い、適切な充電と放電のサイクルを維持しましょう。

万が一バッテリー上がりが発生した場合は、ジャンプスタートや外部充電器の使用、専門家への連絡など、状況に応じた適切な対処が必要です。

また、バッテリー交換の際は、車両に適合する型式を選び、信頼できるブランドと販売店を選ぶことが重要です。このガイドを参考に、正しいバッテリーメンテナンスを実践し、快適なカーライフを送りましょう。



このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、さまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
products/142141-1.jpg

『雷神~RAIJIN~』12/24V兼用ジャンプスターター

39,000円(税込)~

products/136069_l.jpg

バッテリー補充液(精製水) 18L

1,700円(税込)~

products/8808240000567_8f7f6665-07a8-4f92-bd5d-ff50b22e23c9.jpg

ATLAS(アトラス) 自動車用 JIS(日本車用)バッテリー各種

6,100円(税込)~

products/8808240002059_04f97f60-3183-4c4e-89a6-d48fce26dba6.jpg

ATLAS(アトラス) アイドリングストップ車用 JIS(日本車用)バッテリー(M,N,Q,S,T各種)

8,700円(税込)~

files/152073.jpg

ATLAS(アトラス) 大型車用 JIS(日本車用)バッテリー(120E41L/R~210H52)

18,000円(税込)~

2024年5月26日
タグ: バッテリー

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください