【必見】車のバッテリーの選び方!値段・寿命・性能を徹底解説!


車をスムーズに動かすために欠かせない部品、それがバッテリーですが、その価格や性能、寿命について正確な情報を掴むのは意外に難しいものです。

この記事では、初めてバッテリーを選ぶ方から交換を検討している方まで、車のバッテリーに関する基本知識から種類、選び方、価格帯、そして寿命や保守のコツまで、幅広く丁寧に解説します。バッテリーの種類にはどのようなものがあるのか、価格と性能のバランスはどう取れば良いのか、また、交換コストをできるだけ抑える方法など、車のバッテリーに関する全てをここで解決。車のパフォーマンスを最適に保ちたい方必見の内容です。

     【目次】
  1. 車のバッテリー基本知識
  2. 車のバッテリーの種類と特性
  3. バッテリー選びのポイント
  4. 車のバッテリーの値段について
  5. バッテリー寿命と保守
  6. 交換時のコスト削減のコツ
  7. まとめ

車バッテリー基本知識

自動車を使い続けるうえで欠かせない部品の一つがバッテリーです。長持ちさせるコツから選び方まで、バッテリーについての基本を押さえておくことは、車の維持費を抑える上でも大切です。

バッテリーとは何か?

バッテリーは、自動車が動作するために必要な電気エネルギーを蓄え、供給する役割を担う重要な部品です。車を起動する際や、エンジン稼働中に自動車各部へ必要な電力を供給するために用いられます。自動車だけでなく、様々な電子機器に使用される鉛蓄電池の一種で、化学反応を利用して電気エネルギーを蓄えることが可能です。

車バッテリーの役割と機能

車のバッテリーの主な役割は、車のエンジンを始動する際に必要な大量の電流を瞬時に供給することです。これは、バッテリーからスターターモーターへと電力が送られ、エンジンの始動に必要な回転力を生み出すために用います。さらに、エンジンが動作していない状態でも、ヘッドライトやオーディオなどの電装品に電力を供給する役割を持ちます。自動車の安定した運行を支え、快適なドライブには欠かせない部品です。

バッテリーは通常、自動車のエンジン室内に取り付けられており、エンジンの発電機(オルタネータ)によって充電されます。このサイクルを通じて、バッテリーはエネルギーを継続して蓄え、使用することが可能です。ただし、使用期間や条件によって性能が低下し、交換が必要になるため、定期的なメンテナンスが重要です。

車バッテリーの種類と特性

車のバッテリーは単にエンジンを始動するためのものではなく、車内の様々な電子機器に電力を供給しています。そのため、選ぶ際は種類と特性を理解することが重要です。

一般的な鉛バッテリーとは

一般的な鉛バッテリーは、長い歴史を持つ最もスタンダードな車用バッテリーです。費用の面では比較的安価であり、多くの車種に対応していることから広く利用されています。しかし、定期的なメンテナンスが必要な点や、寿命が短めであることが欠点として挙げられます。

AGMバッテリーとEFBバッテリーの違い

AGM(Absorbent Glass Mat)バッテリーおよびEFB(Enhanced Flooded Battery)バッテリーは、鉛バッテリーの改良型として注目されています。両バッテリーは、充電の持続性や耐久性に優れる点が共通しています。

AGMバッテリーは、特に振動に強いことが特徴で、耐久性や起動力が高いため、高級車や大型車、スタート&ストップ機能が搭載された車に向いています。一方、EFBバッテリーは、スタート&ストップ機能をはじめとする中〜高負荷の電装品を多用する車に適しており、AGMバッテリーと比較すると若干価格が安い傾向にあります。

このように、鉛バッテリー、AGMバッテリー、EFBバッテリーはそれぞれ異なる特性を持っており、使用する車の特性やニーズに合わせて選択することが重要です。特に、『車 バッテリー 値段』に関して言えば、性能と予算のバランスを考慮する必要があります。

バッテリー選びのポイント

選ぶ際の4つのポイント

車のバッテリーを選ぶ際には、以下の4つのポイントを押さえることが大切です。まず第一に、自動車の種類に合ったバッテリーを選ぶ必要があります。セダン、SUV、トラックなど、車種によって最適なバッテリーの仕様が異なります。第二に、バッテリーのサイズが正しいか確認します。車種によってバッテリーの大きさ、形が定められているため、指定されたサイズ以外のものを選ぶと取り付けができない場合があります。第三のポイントとして、寒冷地対応の有無を考慮することが重要です。冬場の低温下でも確実にエンジンがスタートできるように、寒冷地仕様のモデルを選ぶ必要があるかもしれません。最後に、値段品質のバランスを見極めることです。費用を抑えたい気持ちはよく分かりますが、安価なものだと品質面で問題が発生する可能性もあります。

バッテリーの容量の選び方

バッテリーの容量を選ぶ際は、車が要求する電力量に注目することが重要です。容量が大きいほど長持ちする傾向にありますが、必要以上に大きな容量のバッテリーを選ぶと、無駄にコストがかかるだけでなく、車両に適さない場合があります。まず、車両のマニュアルを確認し、推奨されているバッテリーの仕様をチェックしてください。また、車による電子機器の使用量も考慮に入れる必要があります。カーナビやオーディオシステムなど、多くの電子機器を使用する場合は、より高い容量のバッテリーが望ましいでしょう。さらに、走行状況も大きく影響します。毎日の通勤で短距離を多く走る場合と、長距離を頻繁に走る場合では、バッテリーへの負荷が異なるため、これらの点を考慮して最適な容量のバッテリーを選択することが重要です。

車のバッテリーの値段について、購入や交換を検討している方が最初に気になるポイントでしょう。車を所有する上で避けられない維持費の一部として、バッテリーは定期的な交換が必要です。そこで、現在のバッテリーの市場価格と、値段に影響を与える様々な要因について深堀りしていきます。

車のバッテリーの値段について

バッテリーの価格帯とその要因

市場には様々な車バッテリーがあり、一般的には4,000円から45,000円程度で販売されています。バッテリーの価格帯に差が生じる要因は複数あり、以下のようにまとめられます。

  1. メーカーとブランド:一流メーカーの製品や信頼性の高いブランドのバッテリーは、一般的に価格が高く設定されています。
  2. 容量と性能:高いエンジン始動性能を備え、長い持続性を持つ高容量のバッテリーは、より高価になります。
  3. 車種の適合性:特定の高級車や特殊な車種に適合するバッテリーは、専用設計がされていることが多く、それに伴い価格が高くなる傾向にあります。
  4. 技術の進歩:最新の技術が使われたバッテリーやメンテナンスフリー型のバッテリーは、従来品よりも価格が上がります。

値段と性能のバランス

バッテリーを選ぶ際には、価格だけでなく、その性能や寿命も重要な判断基準になります。一見、高価なバッテリーが最も優れているように思えますが、必ずしもそうではありません。実際には、自分の車の使用状況やニーズに合ったバッテリーを選ぶことが重要です。

たとえば、頻繁に長距離を走行する場合や高性能な電装品を多用する車では、高容量で長寿命のバッテリーが適しています。一方で、市内中心での短距離走行がほとんどの場合は、そこまで高価で高性能なバッテリーを選ばなくても問題ないケースが多いです。

バッテリーの値段と性能のバランスを考える際には、将来のメンテナンスコストや交換周期も考慮に入れると良いでしょう。価格が安くとも、交換頻度が高いと総コストは増加します。また、保証期間やアフターサービスの有無もチェックポイントです。最終的には、個々の使用状況に見合った最適なバッテリーを選ぶことが、コストパフォーマンスを最大化する鍵となります。

バッテリー寿命と保守

自動車のバッテリーは消耗品です。しかし、適切な保守とメンテナンスによって、その寿命を大幅に延ばすことが可能です。ここではバッテリーの寿命を延ばす方法とメンテナンスの重要なポイントについて解説します。

バッテリーの寿命を延ばす方法

バッテリーの劣化は避けられないものですが、次の方法を実践することで、バッテリーの寿命を最大限に延ばすことができます。

  1. 定期的な使用長期間車を使用しないとバッテリーが放電され、寿命が著しく短くなります。定期的に車を使用し、バッテリーが適切なレベルで充電されていることを確認しましょう。
  2. 端子の清掃バッテリー端子は腐食することがあります。端子が清潔であることを確認し、腐食を防ぐために定期的に清掃することが重要です。
  3. 充電状態の確認バッテリーの充電状態を定期的に確認し、充電が必要であれば適切に充電しましょう。バッテリーの過充電や放電を避けることが、寿命延長に繋がります。

保守とメンテナンスのポイント

バッテリーの保守とメンテナンスは、車の性能を維持し、突然の故障を防ぐために非常に重要です。以下のポイントを実践しましょう。

  1. 定期的な点検バッテリーの状態は定期的に点検しましょう。特に冬期にはバッテリーの負荷が高まるため、寒冷前には必ずチェックを行うことが推奨されます。
  2. 適切な位置に保管バッテリーを車外に保管する場合は、直射日光や極端な高温・低温から避けるようにしてください。過酷な環境はバッテリーの性能と寿命を低下させます。
  3. バッテリー液の補充液式バッテリーを使用している場合、定期的にバッテリー液のレベルを点検し、必要に応じて補充することが重要です。

バッテリーは自動車の心臓部の一つであり、適切なケアを施すことで、長期間にわたり安定した性能を保つことができます。バッテリーの価格はその品質や性能によって異なりますが、適切な保守とメンテナンスによって、最終的にはコストを節約することにも繋がります。

交換時のコスト削済のコツ

車のバッテリー交換にかかる費用は、展開方法や交換時期によって大きく異なります。ここでは、コスト削減の秘訣をご紹介します。正しい知識と工夫をもって、賢く費用を節約しましょう。

バッテリー交換のコスト削減方法

  1. 自分での交換工賃を節約できる最も簡単な方法は、自分でバッテリーを交換することです。しかし、適切な知識と工具が必要となりますので、自信がない場合は専門家に依頼しましょう。
  2. ネット購入オンラインでのバッテリー購入は、店舗での購入に比べてリーズナブルな場合が多いです。ただし、購入後の取り付けには別途専門家を通じる必要がありますので、トータルコストをよく計算してください。
  3. セールや割引を利用自動車用品店やオンラインショップではセールや特別割引が頻繁に実施されることがあります。購入前に割引情報をチェックし、お得に購入するチャンスを見逃さないようにしましょう。

値段を抑えるための交換時期の見極め方

  1. バッテリーの状態を定期的にチェックバッテリーの寿命は一般的に数年ですが、使用条件によって前後します。突然の故障を避け、計画的に交換するためにも、バッテリーの状態を定期的にチェックしましょう。
  2. 始動性能の低下を感じたらエンジンのかかりが悪くなったり、バッテリー警告灯が点灯するなど、バッテリーの性能低下の兆候が見られたら交換時期を考えましょう。
  3. 冬の前に交換を検討寒冷地では特にバッテリーへの負担が大きくなります。冬が来る前にバッテリーを点検し、必要ならば交換することで、冬場のトラブルを避けることができます。

以上の方法をうまく活用することで、車のバッテリー交換にかかる費用を抑えることが可能です。交換時期の見極め方を知り、事前に対処することで、余計な出費を避けましょう。

まとめ

車のバッテリー選びは、値段・寿命・性能を考慮する必須の作業です。一般的な鉛バッテリー、AGMバッテリー、EFBバッテリーなど種類は多岐にわたります。選択時はバッテリーの容量、互換性、耐久性、価格をバランス良く考えましょう。価格は4,000円から45,000円程度と幅広く、性能と値段のバランスを見極めることが大切です。

寿命を延ばすためには定期的なメンテナンスが不可欠。コスト削減のコツとして、適切な交換時期の見極めと自分での交換を検討してみてください。しっかりとした知識をもって最適なバッテリーを選びましょう。

このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、カーバッテリーは勿論、さまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
products/700532_l_c3bf4d99-cb46-404b-8018-4097edf4d1dc.jpg

アクアドリーム(AQUADREAM)標準車用充電制御バッテリー 各種

5,800円(税込)~

products/4549277005470.jpg

アクアドリーム(AQUADREAM) ISS車用 バッテリー(K,M,N,Q,S,T)

7,900円(税込)~

products/700542_l_d6210d0d-d4bd-4eb6-be10-8bc195b4e590.jpg

アクアドリーム(AQUADREAM)大型業務車両用 充電制御バッテリー(150E41L/R~250H52)

16,900円(税込)~

products/8808240000567_8f7f6665-07a8-4f92-bd5d-ff50b22e23c9.jpg

ATLAS(アトラス) 自動車用 JIS(日本車用)バッテリー各種

6,100円(税込)~

files/152073.jpg

ATLAS(アトラス) 大型車用 JIS(日本車用)バッテリー(120E41L/R~210H52)

18,000円(税込)~

products/8808240002059_04f97f60-3183-4c4e-89a6-d48fce26dba6.jpg

ATLAS(アトラス) アイドリングストップ車用 JIS(日本車用)バッテリー(M,N,Q,S,T各種)

8,700円(税込)~

2024年3月24日
タグ: バッテリー

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください