ブレーキパッド交換費用はいくら?自分でできる?徹底解説!


あなたの愛車の安全と快適なドライブのために、ブレーキパッドの交換は避けては通れない道ですが、実際の費用はどれほどかかるのでしょうか?また、自分ですることは可能なのでしょうか?

この記事では、ブレーキパッドの基本的な役割から種類、費用の内訳、そして自分で交換する方法、さらにはプロに依頼した場合の適切な選び方まで、詳しく解説していきます。また、純正品と社外品のコスト比較や、交換費用を節約するコツもお教えします。自動車部品について知りたい方々には特に役立つ情報満載ですので、ぜひお読みください。

     【目次】
  1. ブレーキパッド交換の基礎知識
  2. ブレーキパッド交換費用の内訳
  3. 自分でブレーキパッドを交換する方法
  4. プロにブレーキパッド交換を依頼する場合
  5. ブレーキパッド交換を節約するコツ
  6. まとめ

ブレーキパッド交換の基礎知識

自動車のメンテナンスにおいて重要な項目の一つがブレーキパッドの交換です。安全運行のためには欠かせないこの作業について、基礎からしっかり理解しましょう。

ブレーキパッドとは?その役割を理解する

ブレーキパッドは、自動車のブレーキシステムにおいて直接摩擦材料として機能する部品です。ブレーキをかけた際に、ブレーキパッドがブレーキローターに押し付けられ、その摩擦力で車を停止させます。そのため、効率的かつ安全に車を止めるためには、正常な状態のブレーキパッドが不可欠なのです。

ブレーキパッドの種類と特性

ブレーキパッドには主に以下のようなタイプがあります。

  1. セラミックブレーキパッド: 放熱性に優れ、摩耗が少なく、高性能ですが価格が高めです。
  2. メタルブレーキパッド: 高温下でも安定した性能を発揮し、耐久性に優れていますが、ノイズが大きいという欠点があります。
  3. オーガニックブレーキパッド: 摩擦材がソフトなため、ブレーキ時の音が静かで、コントロール性に優れていますが、摩耗しやすい欠点があります。

これらのブレーキパッドの種類によって、車の性能や用途、走行環境に合わせて選ぶことが大切です。さまざまな特性を持つブレーキパッドから、自分の車に最適なものを選択しましょう。

ブレーキパッド交換費用の内訳

ブレーキパッドの本体価格

ブレーキパッド交換時に掛かる最も基本的な費用は、ブレーキパッド本体の価格です。この価格は、車種やブレーキパッドのブランド、素材によっても異なります。一般的な乗用車用のブレーキパッドの場合、市場価格は一組(両輪分)で数千円から数万円の範囲で変動します。例えば、標準的な素材を使用したブレーキパッドだと、7,000円から10,000円前後で購入できることが多いです。一方、高性能を求めるスポーツタイプや、特殊素材を用いた高耐久パッドでは、価格がそれ以上になることも珍しくありません。

交換工賃の相場

ブレーキパッドの交換には、専門知識と特別な工具が必要なため、多くの車オーナーは作業をプロに依頼します。そのため、交換にかかる費用の重要な部分が工賃です。交換工賃の相場は、ショップの立地やサービス内容によっても異なりますが、一般的には6,000円から12,000円程度の範囲で設定されています。この工賃はブレーキパッド一組(前輪 or 後輪)の交換に対するもので、両方を同時に交換する場合は、この倍の費用がかかる場合もあります。ただし、車検や定期点検と一緒にブレーキパッドの交換を行う場合、工賃が割引されるキャンペーンを行っているショップも多いです。

ブレーキパッドの交換は、安全運転のためにも非常に重要なメンテナンス作業の一つです。交換費用は、ブレーキパッドの種類や、選ぶ整備工場によって変わってきますが、上記の相場を参考にしながら、自身の車に最適な選択をすることが大切です。

自分でブレーキパッドを交換する方法

交換に必要な道具と準備

自分でブレーキパッドを交換する前に、必要な道具を揃えることが重要です。まず、交換には以下の道具が必要となります。

  1. タイヤレンチ
  2. ジャッキ
  3. 安定したジャッキスタンド
  4. ブレーキパッド
  5. シザーズまたはプライバー
  6. クリーナー(ブレーキクリーナー推奨)
  7. 保護手袋
  8. 安全メガネ

工具をそろえたら、まずは車を安全な場所に停め、パーキングブレーキをかけてください。次に、交換を行う車輪の近くにジャッキを設置し、車を少し持ち上げます。ジャッキスタンドを使用して車を安定させたら、車輪を外します

ステップバイステップの交換プロセス

ブレーキパッドの交換プロセスは以下のステップに従います:

  1. 車輪を取り外します。
  2. カリパーを見つけ、それを固定しているボルトを外します。
  3. カリパーを慎重にスライドさせ、取り外します。
  4. 古いブレーキパッドを取り外し、カリパーのクリーニングを行い、必要であればカリパーピストンを押し戻します。
  5. 新しいブレーキパッドをカリパーに取り付けます。
  6. カリパーをブレーキディスクに再取り付けし、ボルトで固定します。
  7. 車輪をもとに戻し、ボルトをしっかり締めます。

これでブレーキパッドの交換は完了です。車を地面に下ろし、ジャッキとジャッキスタンドを取り除いてから、ブレーキを数回踏んで新しいパッドが正しく座るようにしてください

安全に交換を行うための注意点

ブレーキパッド交換時には、以下の安全対策を忘れずに行ってください:

  1. 安全メガネと手袋を着用することで、目や手を保護してください。
  2. 車を持ち上げる際には、きちんとジャッキスタンドを使用して車を安定させてください。不安定な状態で作業をすると危険です。
  3. 古いブレーキパッドやカリパーには有害な塵が含まれている可能性があるため、ブレーキクリーナーでしっかりと洗浄してください。
  4. ブレーキパッドの交換後は、必ず車を安全な場所で試運転し、ブレーキの効きを確かめてください。

自分でブレーキパッドを交換することに関心がある場合は、これらのステップと注意事項を守りながら、安全に作業を行ってください。適切な準備と注意深さがあれば、自分で交換作業を行うことでブレーキパッドの交換費用を抑えられるでしょう。

プロにブレーキパッド交換を依頼する場合

自動車のブレーキパッドは、安全運転に欠かせない重要な部品です。そのため、交換時期がきたら、信頼できる専門の修理工場での交換をお勧めします。しかし、どの修理工場に依頼すれば良いのか、また適正な交換費用はどれくらいか、という点で悩む人も多いでしょう。

信頼できる修理工場の選び方

信頼できる修理工場を選ぶ際には、まずその工場が国から認証を受けているかどうかを確認することが大切です。認証工場であれば、技術水準や整備環境が基準を満たしていることが保証されます。また、過去の顧客からの口コミや評判も参考にすると良いでしょう。実際に整備を受けた人の感想は、選択の際の重要な手がかりとなります。

見積もりを取る際のポイント

ブレーキパッド交換の見積もりを取る際には、いくつかポイントがあります。まず、見積もりは複数の工場から取るようにしましょう。価格だけでなく、提供されるサービス内容や保証期間なども比較することが大切です。また、見積もりの際には、交換に必要な作業内容や使用される部品の詳細も確認してください。さらに、追加で発生する可能性のある費用についても聞いておくと安心です。透明性の高い見積もりを提供する工場を選ぶことが、トラブルを避けるうえで重要になります。

ブレーキパッドの交換は、車の安全性を保つ上で非常に重要です。信頼できる修理工場を見つけ、適正な費用で交換を行いましょう。

ブレーキパッド交換を節約するコツ

ブレーキパッド交換は、車の安全を守るために欠かせないメンテナンス作業です。しかし、その費用は節約できる余地があるため、いくつかのコツを知っておくことが重要です。

純正品と社外品のコスト比較

ブレーキパッドには、車メーカーが提供する純正品と、他のメーカーが製造する社外品が存在します。純正品は品質の信頼性が高い一方で、社外品はコストパフォーマンスが魅力です。社外品の中には純正品と同等またはそれを上回る性能を持つものもあり、価格も純正品よりも低価格で提供されることが多いです。したがって、交換費用の節約を考えるなら、品質と価格を比較検討して、適切な社外品を選ぶことが有効なコツとなります。

車検や点検時に一緒に交換するメリット

ブレーキパッドを交換する際、車検や定期点検のタイミングを利用することには大きなメリットがあります。車検や定期点検では、車をリフトアップし、タイヤやブレーキを含む車両全体の点検が行われます。これを機にブレーキパッドも交換してもらうことで、作業時間の短縮や工賃の節約が期待できます。また、このタイミングであれば、ブレーキパッドの交換が必要か否かを専門家による詳細な診断を受けることができるため、必要以上の早期交換を避けることができます。

効率的にブレーキパッド交換を行うためには、コスト比較を行って適切な製品を選択するとともに、車検や点検の機会を活用することが重要です。結果として、安全性を損なうことなく、交換費用の節約が可能になります。

まとめ

ブレーキパッド交換の基礎から、自分での交換方法、プロに依頼するコツまで解説しました。ブレーキパッドは車の安全に直結する重要な部品です。本体価格は車種により異なり、工賃も地域や店舗によって変わります。

自分で交換するか、専門店に依頼するか。どちらを選ぶかは個人の好みや経済状況によりますが、自分で交換する場合は十分な知識と技術が必要です。安全な運転のためにも、十分な準備をして交換作業に取り組んでください。



このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、ブレーキパッドを含むさまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
files/5284f72cb18e0f4ca4442ebfcec2affe_5dd2ce17-4677-46c0-9b0a-9691756bbc62.png

PIT CREW 3Tフロアジャッキ(ガレージジャッキ)

20,700円(税込)~

files/5284f72cb18e0f4ca4442ebfcec2affe_7b2b3ac0-12c3-4f7c-831e-c44b755037c8.png

PIT CREW ジャッキスタンド(馬ジャッキ)3T

4,200円(税込)~

files/898111.jpg

OHYAMA パーツ&ブレーキクリーナー840ml(溶剤量 588ml)

420円(税込)~

2024年3月23日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください