【2024年最新版】おすすめのオイルフィルター比較8選!選び方や交換のタイミングも紹介


    【目次】
  1. おすすめのオイルフィルター比較8選!
  2. オイルフィルターの選び方は?
  3. オイルフィルターは走行距離や購入からの時期に合わせて交換する
  4. まとめ


自動車のエンジンオイルをろ過するために重要な役割を果たすのがオイルフィルターです。

さまざまなメーカーで販売されており、性能や価格もたくさんの選択肢があるため、選ぶのに迷ってしまうのではないでしょうか。 そこでこの記事では、車に最適なオイルフィルターの選び方やおすすめ商品を詳しく紹介します。

さらに、交換のタイミングについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

オイルフィルターを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

オイルフィルターを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのオイルフィルターは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る

 

おすすめのオイルフィルター比較8選!

ここでは、おすすめのオイルフィルターを8つ紹介します。

おすすめオイルフィルターは、以下の8つです。

それぞれの特徴を解説しているため、自身が所有する車に合っているか確認し、気になる商品を使用してみてください。

1.DSO-1 オイルフィルター:値段が安く高品質

引用元:ヨロスト公式HP

DSO-1は、高品質低価格で、幅広い車種に対応しているのが特徴です。

スズキ、ダイハツ、マツダ、ニッサン、トヨタなどの軽自動車を中心に人気を集めています。また、価格も360円と安いのも魅力です。

安さの理由は中国製だから、なのですが、ろ紙や鉄板などオイルフィルターの重要原材料を日本製にこだわり、日本車の純正オイルフィルターを製造するメーカーに生産を委託しています。

そこでは純正基準の厳しい品質管理と製造技術で、他社の格安中国製オイルフィルターでは決してマネできない高品質の商品となっています。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

2.ホンダ ハンプ オイルフィルター:高品質のオイルフィルター

引用元:ホンダ公式HP

ホンダのハンプオイルフィルターは、ホンダディーラーでも使用されている高い品質が特徴のオイルフィルターです。

ホンダのロゴは入っておらず、純正品と同等の性能を備えながらも、手頃な価格で購入できます。 ハンプオイルフィルターは、信頼性の高いフィルタリング機能を備えていて、高品質な点が魅力です。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

3.SO-2 オイルフィルター:幅広い車に対応できる

引用元:ヨロスト公式HP

SO-2オイルフィルターは、幅広い軽自動車に対応していることで知られています。

主な対応車種は、以下の通りです。

  • アルト
  • エブリィ
  • エブリィワゴン
  • スペーシア
  • ソリオ
  • ソリオバンディット
  • ハスラー
  • ラパン
  • ミニキャブバン
  • キャロル
  • スクラムバン
  • スクラムワゴン
  • フレア
  • フレアクロスオーバー
  • NVクリッパー
  • NVクリッパーリオ
  • タウンボックス

SO-2オイルフィルターもDSO-1オイルフィルターと同様に日本車の純正オイルフィルターを製造するメーカーに生産を委託しています。純正基準の厳しい品質管理と製造技術で、安価でありながら高品質のオイルフィルターとなっています。

品質の悪いオイルフィルターを使うとフィルターのろ紙が詰まり、エンジンにダメージを与えます。ただ安いだけのオイルフィルターにはご注意ください。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

4.ブリッツ レーシングオイルフィルター:スバル車に合っている

引用元:ブリッツ公式HP

ブリッツのレーシングオイルフィルターは、特にスバル車の水平対向エンジン(ボクサーエンジン)に適している製品です。

エンジンオイル中の微細な異物や不純物を効果的に捕集し、エンジンに清浄なオイルを供給するでしょう。それにより、エンジンのパフォーマンスと耐久性を向上させます。

スバル車を所持している方にとって、ブリッツのレーシングオイルフィルターはおすすめです。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

5.HKSオイルフィルターTYPE1:ろ過性能が高い

引用元:HKS公式HP

HKSオイルフィルターTYPE1は、国産自動車のチューニングパーツメーカーであるHKSが販売しているオイルフィルターです。

このHKSオイルフィルターは、JIS基準で定められた粒子径25µm以下の粒子を除去するだけでなく、20µm以下の微細な粒子まで効果的にろ過する高い精度を備えています。 HKSのオイルフィルターは、純正品と同じような価格ですが、信頼性が高く機能も充実しています。

マグネットも備えており、金属粉や鉄粉などの微小な異物を引き寄せることでエンジン内部を守る役割も果たしています。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

6.TE-3 オイルフィルター:トヨタ車に合っている

引用元:ヨロスト公式HP

TE-3オイルフィルターは、トヨタ車に適合しているのが特徴です。

特に、アルファード、ヴェルファイア、ヴァンガード、エスティマ、カムリクラウン、クラウンマジェスタ、ハリアなどの車種に使用されることが多いです。 TE-3オイルフィルターはトヨタ車に適合しているため、トヨタ車に使用すれば確実にフィットして高いパフォーマンスを得られるでしょう。

さらに、TE-3オイルフィルターはリーズナブルな価格で提供されています。460円という手頃な価格で購入可能です。コストパフォーマンスに優れたオイルフィルターとして、トヨタ車オーナーにおすすめできます。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

7.ピア オイルフィルター:変形しにくい

引用元:ピア公式HP

ピアオイルフィルターは、高いフィルタリング性能が特徴のオイルフィルターです。

高性能タイプ10ミクロンとスタンダードタイプ20ミクロンの2連になった紙フィルターを備えており、エンジンオイルをよりクリーンにしてくれます。 さらに、ピアオイルフィルターは強化コイルスプリングを内部に組み込んでいるのも特徴です。これにより、高油圧がかかってもフィルターが変形することなく安定して機能します。

高性能なフィルタリング能力と耐久性を兼ね備えたピアオイルフィルターは、エンジンを保護する際に重要な役割を果たすでしょう。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

8.ツインパワー+マグネットオイルフィルター:エンジン効率が高い

引用元:ピア公式HP

ピアのツインパワープラスマグネットオイルフィルターは、近年の高性能エンジンに対応するために開発されました。

このオイルフィルターは、ツインパワーオイルフィルターにマグネットリングプレートを追加することで、さらなる高性能化を実現しています。 ツインパワープラスマグネットオイルフィルターは、20μ(ミクロン)のスタンダードフィルターと10μ(ミクロン)の高性能フィルターの2連構造を持ち、高い濾過効率を実現しているのが特徴です。

さらに、マグネットを組み込んだことで、オイル内の鉄粉を吸着し、フィルターエレメントへの負担を軽減します。

この商品の詳細が気になるという方はこちらをご覧ください。

オイルフィルターの選び方は?

オイルフィルターの選び方は、以下の通りです。

  • 純正品を選ぶ
  • 純正品以外の物を選ぶ
  • 純正品以外の物を選ぶ 

ここでは、オイルフィルターの選び方を紹介します。どのオイルフィルターを選べばいいか困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

純正品を選ぶ

純正品のオイルフィルターは、車メーカーが自社の車両に最適化して開発・製造されています。

元々車に取り付けられているオイルフィルターと同じもので、車メーカーが保証する適合性と互換性を確保できます。 また、純正品は価格と性能のバランスが取れているのも特徴です。車メーカーは綿密なテストと品質管理を行い、車両の性能やエンジンの寿命に関わるオイルフィルターを提供しています。

純正品は、適切なろ過性能と耐久性を備えており、エンジンを適切に保護します。車メーカーの推奨する交換時期やメンテナンススケジュールに従い、定期的な交換を行うことでが大切です。

純正品以外の物を選ぶ

純製品以外の物とは、車のメーカー以外が販売しているオイルフィルターのことです。

純製品以外のオイルフィルターには、純正品よりも高品質で価格も高めのものがあります。しかし、オイルフィルターは定期的に交換する必要があるため、通常の街乗りなどで使用する場合は、高価で高性能なオイルフィルターは必須ではありません。 また、純製品以外の商品の中には純正品と同じ製造ラインで作られたものや、同じ品質を持つものも存在します。

ロゴの有無や細かな仕様の差異がある場合もありますが、価格は安くなっている場合もあるのが特徴です。

 

オイルフィルターは走行距離や購入からの時期に合わせて交換する

オイルフィルターの交換時期は、一般的には走行距離によって判断されます。

おおよそ10,000km〜15,000kmごとに1回の交換が推奨されていますが、ターボの有無やエンジンの種類、車種によって異なる場合もあります。 走行状況や使用環境によっても交換時期は変化する場合があるため、メーカーや車両の取扱説明書に記載されている交換時期を参考にすることも重要です。

また、オイルの劣化状況やフィルターの汚れ具合を定期的にチェックし、必要に応じて交換するようにしましょう。

 

まとめ

オイルフィルターは、さまざまなメーカーから販売されており、それぞれ特徴が異なります。

選ぶ際は、純正品か純正品以外か確認してみましょう。純正品以外のオイルフィルターの場合は、適合するか忘れずに確認してください。 本記事で紹介したオイルフィルターを比較し、自身に合ったオイルフィルターを使用しましょう。

 

オイルフィルターを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

オイルフィルターを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのオイルフィルターは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る
files/DSO-1_1_5f667f7a-f3d3-448f-9162-03af2e20d025.jpg

DSO-1 オイルフィルター(スズキ・ダイハツ・マツダ・ニッサン・トヨタ)

360円(税込)~

products/141008_l.jpg

SO-2 オイルフィルター(スズキ・マツダ・ニッサン・ミツビシ)

390円(税込)~

products/141012_l.jpg

TE-3 オイルフィルター(トヨタ、レクサス)

460円(税込)~

2024年2月20日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください