エンジンオイルのランプはなぜ点灯する?理由や対応方法など徹底解説


車を走行中、いつもと見慣れないランプが点灯するとどんな方でも不安を感じてしまうものです。

エンジンオイルのランプが点灯すると、どのような症状や不具合が発生するのか気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、エンジンオイルのランプが点灯する理由や対応方法を解説します。

エンジンオイルのランプが点灯する理由を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る


エンジンオイルのランプが点灯した場合の対処法

エンジンオイルのランプが点灯した場合の対処方法を、4つ紹介します。

  • 車を停止させる
  • エンジンオイルの残量を確認する
  • エンジンオイルを足す
  • 故障している場合はロードサービスを呼ぶ

それぞれの対処方法を詳しく解説します。

 

車を停止させる

まずは、車を安全な場所に停止させましょう。

エンジンオイルのランプが点灯したままの状態で走行すると、不安が残り続けるものです。不安を抱えたまま走行し続けた場合、大きな車両事故に発展する可能性も考えられます。

落ち着く意味でも、スーパーの駐車場やコンビニの駐車場での停止をおすすめします。

 

エンジンオイルの残量を確認する

次にエンジンオイルの残量を確認してみましょう。

エンジンオイルの残量を確認する際には、オイルレベルゲージを抜く必要があります。

オイルレベルゲージには、上限と下限を示す印が記載されています。オイル量が下限より下の場合には、オイル残量が少なくなっている証拠です。

オイル残量が足りない場合には、すぐに近くのディーラーや修理工場でオイル交換を行ってください。

 

エンジンオイルを足す

ランプが点灯する場合は、エンジンオイル量が規定値以下もしくは、エンジンオイルの交換時期が考えられます。

エンジンオイルは、ディーラーやカー用品店で足す方法と自分で足す方法の2つです。

エンジンオイルの残量が足りない場合には、どちらかの方法でエンジンオイルを足しましょう。

 

故障している場合はロードサービスを呼ぶ

車が支障している場合、無理に車を動かすのではなく、ロードサービスを利用してください。

ロードサービスは、車の修理や牽引などを代行してくれるサービスです。

ロードサービスへの電話に加えて、搬入先にの搬入も伝えておくのをおすすめします。

 

エンジンオイルのランプが点灯する理由

ここでは、エンジンオイルのランプが点灯している具体的な理由を4つ解説します。

  • エンジンオイルが漏れている
  • エンジンオイルが減っている
  • オイルポンプが故障している
  • オイルプレッシャースイッチが故障している 

それぞれ詳しく解説します。

 

エンジンオイルが漏れている

エンジンオイルのランプが点灯している場合、エンジンオイルの漏れが考えられます。

エンジンオイルの漏れは、車の経年劣化やパッキンの劣化、損傷により発生する症状です。

エンジンオイルが漏れている状態を放置すると、エンジンの焼き付きやオーバーホール修理が必要になります。

 

エンジンオイルが減っている

エンジンオイル量が減っている場合、オイルランプが点灯する可能性があります。

エンジンオイルは、エンジンルーム内を循環しながら適切なエンジンの状態にしてくれる役割を担っています。しかし、オイルを交換せずに使い続けると、ガソリンと共に燃焼して量が少なくなるので注意してください。

 

オイルポンプが故障している

エンジンランプが点灯する原因は、オイルランプの点灯も原因の1つです。

オイルポンプは、エンジンオイルを循環させる部品であり、異常や不具合が起きていると、点灯する可能性が考えられます。

 

 

オイルプレッシャースイッチが故障している

エンジンオイルのランプが点灯する理由として、オイルプレッシャースイッチの故障が考えられます。

オイルプレッシャースイッチは、エンジンオイルの流れをオイルの圧力の有無で確認するセンサー部品です。

オイルプレッシャースイッチが故障すると、エンジンの循環に必要な油圧が掛からなくなり、油圧警告灯を点灯させます。

 

エンジンオイルの点灯を放置するとどうなる?

エンジンオイル点灯の放置によって起きる症状は、以下2つです、

  • ノッキング現象
  • エンジンの焼き付け

それぞれ詳しく解説します。

 

ノッキングが起きる

エンジンオイルの点灯の放置によって、ノッキングが起きます。

ノッキング現象は、車の関連部品同士の接触によって発生する異音です。

燃焼室にエンジンオイルが漏れている場合には、ノッキング現象が起こりやすくなります。症状を放置すると、エンジンの焼き付けやオーバーホール修理などで、高額な修理費用を請求されるかもしれません。

車から異音が発生している場合は、ディーラーや修理工場に持っていきましょう。

 

エンジンが焼き付く

エンジンオイルの漏れを放置している場合、エンジンの焼き付きが発生する可能性があります。

エンジンの焼き付きにより、走行不可能になる可能性も少なくありません。

別の方法としては、エンジンを丸ごと載せ替える作業も必要になります。

 

ランプの点灯を防ぐには?

ここでは、エンジンランプの点灯を防ぐ方法を詳しく解説します。

  • 距離数が増えている場合は定期的にエンジンオイルを交換する
  • 定期的にオイル交換して足していく

 

距離数が増えている場合は定期的にエンジンオイルを交換する

エンジンオイルは、定期的な交換が推奨されています。

例えば、5,000kmに1回もしくは半年に1回の交換がおすすめです。

ターボ車の場合、エンジンオイルの交換は3,000km〜4,000kmに1回もしくは半年に1回にしましょう。

 

定期的にオイル交換して足していく

定期的なオイル交換によって、オイル量を適量に調整することも重要です。

オイルはガソリンとの燃焼により、少量ずつ減少しています。

エンジンオイルが少ないと、エンジンの焼き付きやオーバーホールなどで高額な修理費用を請求される可能性も考えられるでしょう。

 

まとめ

ここまで、エンジンオイルのランプが点灯する理由や対応方法を解説しました。

エンジンランプの点灯を放置すると、大きな車両トラブルやエンジンの焼き付けで高額な修理費用が請求される可能性もあります。

エンジンオイルのランプが点灯している場合には、ディーラーや修理工場に確認してもらいましょう。

車の状態によっては、レッカー搬送が必要なケースも考えられます。エンジンオイルのランプ点灯が心配な人は、この記事の内容を参考にしてください。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る
2024年1月29日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください