エンジンオイルの交換時期はいつ?時期を見極めるためのポイントもあわせて解説


自動車のエンジンオイル交換は、車の健康状態を保つために不可欠です。

交換のタイミングはどのように判断すると良いのでしょうか。 エンジンオイルは、時間とともに劣化し、正確なタイミングを見逃すとエンジンに悪影響を及ぼす可能性があります。

この記事では、交換の時期を判断するポイントを紹介し、愛車を長寿命かつスムーズな動作に保つためのポイントを解説します。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る

 

 

エンジンオイルはいつ交換したらいい?車種別に紹介

ここでは、エンジンオイルの交換時期を車種別に解説します。

ターボ車とガソリン車について紹介するため、所持している車をチェックしてみましょう。

ターボ車

ターボ車は車の特性上、適切に交換することが重要です。

ターボ車に搭載されているターボエンジンは、高い運転効率を実現しています。しかし、その特有の性質から劣化が早まりがちです。 一般的には、3,000kmから5,000km毎、または3ヶ月から6ヶ月毎の交換が奨励されています。この頻度で交換すれば、ターボ車のエンジンを安定かつ効果的に保てるでしょう。

ガソリン車

ガソリン車は、走行距離が3,000kmから5,000km毎、または3ヶ月から6ヶ月毎に交換するのがおすすめです。

ただし、走行距離や車の使い方によって異なり、特に短期間で長距離を走行している場合は、期間ではなく走行距離を基準にすると良いでしょう。 自分のカーライフにあわせて交換すると、車を健康な状態で保てます。

エンジンオイルを交換時期を見極めるのに気をつけたいポイント

ここでは、交換時期を見極めるポイントについて紹介します。走行距離以外にも、交換に影響するポイントはいくつかあるため、ぜひチェックしてください。 

道路など日頃の運転環境

車が走る環境は劣化に影響します。運転状況を考慮し、走行距離以外の要素も検討して交換時期かどうかを判断しましょう。 たとえば、坂道が多い地域での走行や激しいカーブ、凹凸の道はエンジンに負担をかけ、劣化を早めます。

平で直線の道路が少ない場合、定期的な点検が重要です。適切なタイミングがわからない場合は、専門家に相談することをおすすめします。車の健康を保つために、運転環境に合わせたケアが必要です。

メーカーから推奨されている時期

交換時期に不安を感じる方は、自動車メーカーがすすめる交換時期を確認するのが良いでしょう。

それぞれの車に適した交換頻度は、公式サイトで確認できます。 ただし、カー用品店やディーラーがすすめる時期との違いに気をつけましょう。

以前の交換からの日数

前回の交換から3ヶ月〜6ヶ月で交換するようにしましょう。

ただし、走行距離が5,000kmを超える場合は、3ヶ月以内でも検討しましょう。走行距離が3,000km未満であっても、長い期間使用している場合、交換した方が良いかもしれません。

なぜなら、エンジンを動かさなくても酸化が進んでしまうからです車を使わなくても定期的に交換するようにしましょう。

エンジンオイルの色

色で劣化状況を判断するのは難しいです。

走行しただけで黒に近くなり、劣化していると断言できないためです。 新車でも1,000kmで黒くなり、色だけでは判断が難しいでしょう。劣化は、走行距離や交換頻度を参考にするのがおすすめです。 黒いからといって車が動かなくなるわけではないため、色よりも走行距離や頻度を基準にしてに定期的に交換するよう心がけましょう。

エンジンオイルのノイズなど

エンジンオイルの劣化により潤滑性能や緩衝性能の低下を招き、エンジン音や振動が増加します。

ノイズが気になる場合、エンジンオイルの劣化を疑ってみましょう。 エンジンオイルを交換することで音が静かになり、振動も軽減されます。放置すると悪化する可能性があるため、早めの交換が重要です。

滅多に車に乗らない場合のエンジンオイルの交換時期

先述のとおり、運転頻度が低いからといってエンジンオイルが劣化していないわけではありません。

2年に1度の車検の際にしかエンジンオイルを交換しない方もいますが、走行距離や日数を考慮しましょう。 走行距離が短い場合でも、3ヶ月から6ヶ月ごとの交換が適切です。

乗らない期間に頻繁に交換するのは無駄と感じるかもしれませんが、車のパフォーマンスを維持するためには重要です。

エンジンオイルを交換しないとどうなる?

交換を怠ると、下記の3つのリスクが生じます。

燃費低下のリスク

潤滑作用、冷却作用、密封作用が低下し、摩擦が増え、エンジンの効率が低下し、燃費が悪化します。

異音や騒音のリスク

オイルの汚れや不足により潤滑作用が不十分となり、部品同士の摩擦が増加し、異音や騒音の原因となります。

エンジン交換のリスク

オイルの汚れが蓄積し、エンジンが焼き付いて動かなくなる可能性があります。エンジンの焼き付きは修理不能で、エンジンごと交換する必要があるでしょう。

エンジンオイルを交換しないとどうなるかさらに詳しく知りたいという方はエンジンオイルを交換しないとどうなる?の記事もあわせてご覧ください。

エンジンオイルを交換しすぎるとどうなる?

頻繁な交換によって車に不具合が生じるか気になる方もいますが、早めに交換する分には問題ありません。

車は走行すると汚れるため、早めに交換して綺麗な状態で保っておくとトラブルを引き起こしません。交換時期は車種や使用状況により異なり、ガソリンスタンドやメンテナンス時に提案される場合もあります。プロの目で判断してもらったのであれば、早めの交換が必要だと言えるでしょう。

オイルフィルターの交換時期

エンジンオイルが汚れ、劣化するとオイルフィルターの性能も低下します。

オイルフィルターの交換はエンジンオイルを抜いた状態で行うため、エンジンオイル交換時に同時に行われるのが一般的です。

交換時期の目安はいくつかあり、オイル交換2回につき1回がシンプルでわかりやすい方法です。また、前回の交換からの走行距離が10,000km毎や、1年に1回は交換するようにしましょう。 オイルフィルターが機能しなくなると油圧警告灯が点灯します。

オイルフィルターの性能低下はエンジンのトラブルにつながりかねないので、定期的に交換しましょう。

オイルフィルターの交換時期の目安についてさらに詳しく知りたいという方はオイルフィルターの交換目安の記事もあわせてご覧ください。

まとめ

エンジンオイルは車を適切な状態に保つのに大切なアイテムです。

交換時期は車種や運転環境、走行距離によって異なります。 適切な時期に交換を怠ると、故障や燃費の低下を引き起こしてしまうでしょう。最悪の場合、エンジンを交換しなければならなくなるため注意が必要です。この記事で紹介したポイントを参考に、エンジンオイルの交換時期を見極め、車の健康状態を維持しましょう。

 

エンジンオイルを購入するならヨロストがおすすめ

引用元:ヨロスト公式HP

エンジンオイルを購入するのであればヨロストがおすすめです。ヨロストは、自動車・バイク整備用品・物流用品のオンライン通販専門店で、「BETTER THAN NOW!」を合言葉にしています。

車やバイクは毎日使うものだからこそ、整備用品はこだわりたいものです。ヨロストでは、「こんな商品が欲しかった」となるような商品を取り揃えています。他社では見つからないような商品も揃えているので、今までだと物足りなかったという方はぜひ一度ラインナップを見てみてください。

また、ECサイトでは珍しく電話での対応も重要視しています。買い物をする際は会話を大切にしたいと考えている方は、ヨロストがおすすめです。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00/14:00〜16:00
ヨロストのエンジンオイルは、↓↓こちら↓↓から。
商品を見る

 

 

2023年12月11日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください