【簡単解決!】ワイパーブレードが外れない時の対処法


     【目次】
  1. ワイパーブレードが外れにくい原因と初期対応
  2. ワイパーブレード外し方の基本手順とヒント
  3. ツールを使ったワイパーブレード取り外し方法
  4. プロ直伝!固着ワイパーブレードの取り外し方
  5. まとめ

雨の日の安全運転には欠かせないワイパーブレード。しかし、定期的な交換やメンテナンスの際、「ワイパーブレードが外れない!」というトラブルに直面することがあります。この状況は車のオーナーにとって非常に困惑するものですが、正しい知識と手順で解決可能です。

この記事では、ワイパーブレードが外れにくい原因を探り、基本手順やプロのテクニック、ツールを使った効果的な方法を紹介します。チェックポイントからメンテナンスのコツまで、ワイパー取り外しに関する疑問を解消していきましょう。

ワイパーブレードが外れにくい原因と初期対応

ワイパーブレードの構造と取り外し困難な状況

ワイパーブレードは車の安全運転に必要不可欠な部品です。フロントガラスに接する部分であるワイパーゴムが摩耗しやすいため、定期的な交換が推奨されております。しかし、ワイパーブレードを交換しようとしても、頑固に取り外せない場合があります。これは、ワイパーブレードとワイパーアームとの接続部にあるクリップやロック機構により固定されているためです。

時間と共に錆び付いたり、汚れが蓄積したりして、ロック機構が動きにくくなってしまうことが取り外しを難しくする主な原因の一つです。特に、久しぶりに交換する場合や車種によっては、より細心の注意を要する作業となります。ワイパーブレードとアームとの接続機構に慣れていないと、うまく扱えずに戸惑うことも少なくありません。

取り外しにトラブルがあった時は、無理に引っ張らずに、接続部のメカニズムを慎重に確認してください。時には、専用の説明書やオンラインのリソースを参照することで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

wiper

ワイパーブレードが外れない時の一般的な原因

ワイパーブレードが外れにくい一般的な理由には、何通りかが存在します。一番多いケースとして、接続部分の錆や汚れによる動きの悪さが挙げられます。特に湿度が高い地域や海沿いでは錆びが発生しやすく、これが原因でブレードが固定されたままになる可能性があります。

もう一つの原因は、接続部のクリップやボタンが適切に操作されていないことです。これらは通常、プッシュするかスライドさせることで解除できるはずですが、規定の手順を誤っていると、外れない原因となってしまいます。また、長期間交換していない場合には、ゴムの劣化による膨張や収縮が影響し、ブレードが固着することも考えられます。

対処法としては、まず接続部を清潔にし、潤滑スプレーを使うことが有効な方法です。この際には、ガラス面にスプレーがかからないように注意してください。また、仕組みを理解し正しい方法でクリップやボタンを操作することが重要です。固着してしまった場合は、温めて膨張を促すか冷やして収縮させるという方法も試みることができます。

安全なワイパーブレード取り外しのための準備と注意点

安全にワイパーブレードを取り外すためには、いくつかの準備と注意点があります。初めに、ワイパーブレードの取り外しを始める前には、周辺を清潔にし、作業面が安全であることを確認する必要があります。また、ゴム手袋を着用すると手を保護し、滑りにくくなります。

重要なのは、決して力任せに引っ張ったり、無理に操作したりしないことです。ガラス面を傷つける可能性がありますし、ワイパーアームがバネの力によって戻ってしまい、ガラスに衝撃を与えたり、指を挟むリスクもあるためです。取り外す際には、ワイパーブレードとの接続部分をしっかりとサポートし、コントロールを保つことが必須です。

また、作業中に部品が壊れたり破損したりしないように、メーカーが推奨するワイパーブレードの取り外し方法を確認しましょう。車種によっては独特な構造をしていることもあり、それに合わせた正確な手順で作業を進めることが大切です。いずれの場合も、安全が最優先されるべきですので、不安な場合は専門のメカニックに依頼することをお勧めします。

carmaintenance

ワイパーブレード外し方の基本手順とヒント

スタンダードなワイパーブレードの取り外し手順

まずは基本のワイパーブレードの取り外し手順について解説します。ほとんどの車で採用されているワイパーブレードは、簡単な作業で取り外しが可能です。

【手順1】ワイパーアームを持ち上げて、フロントガラスから離します。これによりブレードの接続部分がアクセスしやすくなります。

【手順2】ワイパーブレードには通常、小さなタブまたはボタンがあります。これを押しながらブレードをアームから滑らせるか、少し引き下げることで解除することができます。

【手順3】上記のタブを操作している間に、ブレードを静かに横に引くことでアームから簡単に外せます。勢いよく引っ張ってしまうと、フロントガラスを傷つける原因になりますので注意してください。

特殊なワイパーブレードの固定機構と対処法

一部の車種では、標準的な方法で取り外しにくい特殊な固定機構を持ったワイパーブレードが装備されていることがあります。

【手順1】特殊なワイパーブレードの場合、アームとの接続部にピンやクリップがあり、これが外れにくい要因になっていることがよくあります。ゆっくりと観察して、どのような機構かを確認しましょう。

【手順2】ピンタイプの場合は、ピンを引き抜く必要があることが多いです。ピンを安全に取り扱うため、ペンチなどの適切な工具を使いましょう。しかし、取り扱う際はガラスへのダメージを防ぐために注意が必要です。

【手順3】クリップタイプの場合は、特定の方向にスライドすることで解除されることが多いです。クリップのある側を持ち、推し引きすることで外すことができるでしょう。

外れにくい場合の追加的なヒントとテクニック

通常の手順でワイパーブレードが外れない場合は、以下のヒントとテクニックを試してみると良いでしょう。

【ヒント1】冷却スプレーや潤滑剤を使う方法です。ワイパーブレードとアームの接続部分に直接スプレーを吹きかけ、固着を解消してみてください。

【ヒント2】温める方法も有効です。固着している金属部分は低温で収縮する可能性があります。ヘアドライヤーなどを使って温め、熱膨張を活用して互いに離れやすくすることで、取り外しがスムーズになることがあります。

【ヒント3】力の加え方を見直すことも大切です。無理に力を入れずに、アームと平行にスライドさせるように力をかけると、想定外なほど簡単に外れることもあり得ます。

以上の点を注意しながら、慎重に対処することで、困難を感じていたワイパーブレードの取り外しをスムーズに行えるでしょう。もしも自信がない場合は、専門の整備士に相談するのも一つの方法です。

okay

ツールを使ったワイパーブレード取り外し方法

時にはワイパーブレードが固くて外れないケースがあります。そんな時に便利なのが専用のツールを使用した取り外し方法です。ここでは、手動で外せないワイパーブレードを安全かつ簡単に取り外すためのツールとその使い方を解説します。

ワイパーブレード取り外しに役立つツールの紹介

ワイパーブレード取り外しツールとして市販されているのは、ワイパープーラーと呼ばれる専用の工具です。これは、ワイパーアームの端に固定し、中心のネジを締めることでアームとブレードを離す仕組みになっています。誰でも簡単に使用でき、時間と労力を節約できます。

ワイパープーラーは、多くの自動車部品店やオンラインショップで購入可能で、手ごろな価格帯で提供されています。ワイパーのメンテナンスを自分で行いたい方には必携のアイテムと言えるでしょう。

他にも、ワイパー専用のルブリカントスプレーを使用し、ワイパーアームとブレードの接続部分に潤滑を施すことで、固着を解消する方法もあります。

正しいツールの使用法と安全な取り外し技術

ワイパープーラーを使った取り外し方は、非常にシンプルです。まずはワイパープーラーをワイパーアームに正しい位置にセットし、ボルトを締めてアームとブレード間の固着を安全に解除します。このとき、アームに過度な力が加わらないよう注意が必要です。

ゆっくりとボルトを締めていくことで、ワイパーブレードとアームがゆるやかに分離していきます。焦らず、段階的にボルトを締めることがポイントです。適切な圧力を保ちつつ作業を続ければ、アームを傷つけたり曲げたりするリスクを減らすことができます。

取り外し作業の際は、ワイパーアームが強く戻ることがないよう、必ず車のイグニッションをOFFにしておくことが大切です。安全マニュアルにも目を通し、安全に作業を行ってください。

ツール使用時の注意事項とワイパーブレード保護策

ワイパープーラーやルブリカントスプレーを使用する際は、いくつかの注意点があります。まず、セットの際はツールがしっかりとアームに取り付けられているか確認し、滑り落ちたりすることのないようにしてください。

また、作業中はワイパーアームがガラス面に落ちないよう、保護のための布やタオルをしいておくことを推奨します。これは、ワイパーアームが外れた際に、ガラス面を傷つけないようにする保護策です。

最後に、ワイパーブレードを取り付ける際は、新しいものを適切に取り付けることが重要です。接続部分が完全にはまり込んでいるか確認し、作業後は一度ワイパーモーターを稼働させて、正常に動作するかどうかをチェックしてください。

wiper

プロ直伝!固着ワイパーブレードの取り外し方

車のメンテナンスをしていると、ワイパーブレードが固くて外れない経験をお持ちの方もいるでしょう。特に、長期間同じワイパーブレードを使用していると、ワイパーアームとの接続部分が固着してしまいがちです。しかし、適切な方法で対処すれば、ワイパーブレードを安全に取り外すことが可能です。

ワイパーブレードが外れない原因はさまざまですが、その多くが長期間の使用によるゴムの硬化やサビ、塵埃の蓄積によるものです。これらの因子が組み合わさることで、ワイパーブレードとアームの間に強固な結合が生まれ、取り外しが困難になります。

このような状況で無理に力を加えてしまうと、ワイパーブレードやアームを損傷してしまうおそれがありますので、専門家が推奨する正しい方法を実践しましょう。

固着したワイパーブレード解除のプロのアプローチ

専門家が推奨する固着したワイパーブレードの解除方法には、まず慎重さと正しいツールの使用が必要です。パーツへのダメージを最小限にするためにも、以下の手順で行います。

初めに、ワイパーブレードとワイパーアームの接続部に潤滑剤をスプレーしておくことが有効です。解錠スプレーあるいはシリコンベースの潤滑剤を使用し、数分浸透させることで、固着をやわらげるのに役立ちます。

数分間待ったあと、ワイパーアームをゆっくりと持ち上げ、そっとワイパーブレードを左右に揺らしながら外します。このとき、無理に引っ張ったりねじったりしないように注意してください。

固着を予防するためのワイパーメンテナンス方法

ワイパーブレードの固着を防止するには定期的なメンテナンスが重要です。これにより、部品の寿命を延ばし、いつも最適な拭き取りを保つことができます。

ワイパーブレードのゴム部分は、少なくとも3ヶ月に1回は柔らかい布やスポンジで丁寧に掃除する

更に、ワイパーブレードの交換は1年に1回が目安です。見た目に明らかな損傷や劣化が見受けられない場合でも、計画的な交換を心がけることが、長期的な視点で固着を防ぐ方法です。

固着後のワイパーブレード・アームの修復方法

固着を解除した後にワイパーブレードやアームを修復するにはいくつかの方法があります。まず、取り外したパーツに目立つサビやダメージがあれば、細かい紙やすりを使用して軽く磨きましょう。

ワイパーアームのピボット部分についた汚れやサビが原因で動きが悪くなっている場合もあります。このような場合には、ピボット部分にも潤滑剤をスプレーし、動かなくなった原因を取り除きます。

最後に、修復したワイパーブレードやアームを元に戻す際には、正しく位置が合っているかを再確認しましょう。組み立て後には、動作確認をしてから実際の走行に使うようにしてください。

wiper

まとめ

ワイパーブレードが外れない場合は、まず原因を特定します。しばしば、汚れや錆が原因で固着していることがあります。

初期対応としては、固定部分を清掃し、潤滑スプレーで処理することをお試しください。取り外す際はガラス面を保護し、手袋を着用して安全に作業を行いましょう。基本的な手順を理解し、必要に応じて専用の工具を使用することを忘れないでください。メンテナンス方法を学んで、次回以降の取り外し作業を容易にしましょう。固着が解けない時は専門業者に相談することを推奨します。ワイパーブレード取り外しが必要なときはこのガイドを参考にして、スムーズなメンテナンスを行ってください。



このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。ワイパーブレードはもちろん、オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、さまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
files/310013_1.png

エアログラファイトワイパー本体 350mm~700mm

1,200円(税込)~

files/400266.png

エアロワイパー用替えゴム(デザインワイパー)350mm~750mm

460円(税込)~

files/310035_3.png

グラファイトワイパー本体(レインアンサー) 300mm~700mm

560円(税込)~

files/310049_2.png

グラファイトワイパー替ゴム(レインアンサー) 300mm~700mm

300円(税込)~

files/400194_3.png

スノーアンサーSブレード (雪用ワイパー)フロント用280~700mm

1,160円(税込)~

files/400207_1.jpg

スノーアンサーSブレード(雪用ワイパー)リヤ用200mm~380mm

1,300円(税込)~

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください