【初心者でも簡単!】ブレーキパッド交換の方法


     【目次】
  1. はじめに:自分でブレーキパッドを交換する利点
  2. ブレーキパッド交換前の準備
  3. ブレーキパッド交換の手順
  4. ブレーキパッド選び方ガイド
  5. 交換後のチェックと試運転
  6. まとめ

車のメンテナンスといえば、ブレーキパッド交換が重要な一環ですが、専門的な知識がないと手を出しにくいと感じる方も多いでしょう。しかし、適切な準備と手順を踏めば、初心者でも自宅でブレーキパッドの交換が可能です。ブレーキパッドの自己交換は、コスト削減だけでなく、車への理解を深める絶好の機会でもあります。

この記事では、安全に自分でブレーキパッドを交換する方法を、必要な工具と材料の準備から、交換手順、適切なブレーキパッドの選び方、交換後のチェックと試運転に至るまで、わかりやすく解説します。車のメンテナンスに興味がある方、コストを節約しつつ自車の性能を最適化したい方は、ぜひこのガイドを参考にしてください。

はじめに:自分でブレーキパッドを交換する利点

自動車の整備には多くの方が高額な費用がかかると考えがちですが、実は自分でできるメンテナンス作業も多々あります。その中でも、ブレーキパッドの交換は、安全性を維持するためにも定期的に必要な作業です。この記事では、初心者でも簡単にブレーキパッドを交換する方法を解説し、自分で行うことの利点を2つ挙げます

安全性を確保しつつコストを削減

ブレーキパッドは車の制動力に直結する重要な部品です。適切なタイミングで交換することで、安全なブレーキ性能を維持できます。自分で交換を行うことにより、整備工場へ依頼するよりもコストを大幅に削減できるだけでなく、緊急の必要性が生じた際に迅速に対応することが可能となります。

車への理解が深まる

自動車の各部品の名称や機能について学ぶことで、車に対する理解が深まります。これは、将来的に他のメンテナンス作業にも自信を持って取り組むことができるようになるだけでなく、車両の異常を早期に発見しやすくなるという利点もあります。また、自分の車との一体感や愛着が増すことで、より安全な運転行動へとつながると言われています。

ブレーキパッド交換前の準備

ブレーキパッドの交換は、ある程度の注意と準備を必要とします。以下の指南に従って、安全かつ効果的にブレーキパッドを交換しましょう。

必要な工具と材料

 

  1. ジャッキとジャッキスタンド - 車を持ち上げ、固定するために必要です。
  2. タイヤレンチ - ホイールナットを取り外すために使用します。
  3. フラットヘッドとフィリップスヘッドのドライバー - カバーやクリップの取り外しに使います。
  4. ブレーキキャリパーのボルトを取り外すためのレンチまたはソケット - サイズは車種によって異なります。
  5. ブレーキキャリパーピストンツール - ピストンを押し戻す際に必要です。
  6. ブレーキパーツクリーナー - クリーニングと無塵環境を確保するために必要です。
  7. 新しいブレーキパッド - 交換用に購入します。
  8. グリースまたはブレーキパッド潤滑剤 - パッドとキャリパーの接触部分に塗布します。

作業前の安全対策

ブレーキパッド交換は、安全第一で行う必要があります。以下のポイントを確認しましょう。

 

  1. 車を平坦かつ安定した場所に駐車してください。傾斜地での作業は避けてください。
  2. ハンドブレーキを引き、ギアはパーキング位置にしておきます。
  3. ジャッキを使用する前に、車輪止めを使用して他のタイヤを固定してください。
  4. 車を持ち上げる前に、適切な位置にジャッキポイントがあることを確認してください。間違った位置でジャッキアップすると車に損傷を与える可能性があります。
  5. 対応する安全装備を着用してください。作業用手袋や保護メガネを着用し、目や手を保護してください。

これらの準備を行い、安全に作業するための環境を整えたら、実際にブレーキパッドの交換作業を開始します。

ブレーキパッド交換の手順

ブレーキパッドの交換は、自動車のメンテナンスの中でも特に重要な作業の一つです。適切に交換することで、安全かつ効率的に車を運転することが可能になります。初心者でも簡単にできる方法をご紹介します。

古いブレーキパッドの取り外し

まずは、車を安全な場所に停め、エンジンを切ってください。ハンドブレーキをかけ、車輪に止めブロックを設置して車体が動かないようにしておきます。これらの準備ができたら、ジャッキを使い必要なタイヤを持ち上げ、ジャッキスタンドで支えてください

次に、ホイールを取り外します。これを行うには、ホイールのナットをゆるめて取り除いていく必要があります。ホイールを外した後、ブレーキキャリパーを視認できるようになります。ブレーキキャリパーを保持しているボルトを外し、キャリパーを慎重に取り外してください。この時、ブレーキキャリパーをぶら下げる状態にしないように注意が必要です。キャリパーを安全に配置したら、古いブレーキパッドを取り外せます。

新しいブレーキパッドの取り付け

古いブレーキパッドの取り外し後は、新しいブレーキパッドの準備が必要です。新しいブレーキパッドを取り付ける前に、ブレーキキャリパーのピストンが適切な位置にあるか確認し、必要であれば専用のツールを使用してピストンを押し戻してください。ピストンをリセットした後、新しいブレーキパッドをキャリパーに取り付けます

ブレーキパッドが適切に位置していることを確認したら、ブレーキキャリパーを再び取り付けてボルトで固定します。その後、ホイールを取り付け、ナットを締めてから車を下ろしてください。全ての作業が終わったら、ブレーキペダルを数回強く踏んでブレーキパッドをシートさせ、ブレーキシステムが適切に機能するか確認してください。

ブレーキフルードの確認とエア抜き

ブレーキパッドの交換後、ブレーキフルードのレベルを確認することが重要です。ブレーキフルードは、ブレーキシステムの効率性を保つために必要な要素です。エンジンルーム内にあるブレーキフルードリザーバーをチェックし、フルードのレベルが最低限またはそれ以上にあることを確認してください。

フルードのレベルが低い場合は、指定されたタイプのブレーキフルードを追加します。また、ブレーキパッドの交換作業中にブレーキシステムに空気が入ってしまった可能性があるため、エア抜き作業が必要になることもあります。これは、ブレーキペダルの効きを最適化し、安全を保つために重要な作業です。エア抜き作業は、適切な知識とツールが必要になるため、不安な場合は専門のメカニックに依頼することをお勧めします。

これらのステップを正確に実行することにより、ブレーキパッドの交換作業を成功させることができます。自分でメンテナンス作業を行う場合は、安全を最優先にしてください。

ブレーキパッド選び方ガイド

ブレーキパッドの交換は、安全なドライビングを確保するために非常に重要です。しかし、交換を検討する際、どのブレーキパッドを選ぶべきか迷う方も多いでしょう。

性能と材質の理解

ブレーキパッドを選ぶ際に最も重要なのは、その性能と材質を理解することです。ブレーキパッドは大きく「セラミック」「メタリック」「オーガニック」という3つの材質に分けられます。各材質は特性が異なり、使用される環境や好みに合わせて選ぶ必要があります。

  1. セラミック:耐熱性、耐摩耗性に優れ、静音性が高い。高価格の傾向がある。
  2. メタリック:制動力が高く、耐久性にも優れている。しかし、ブレーキダストが多く、騒音が生じやすい。
  3. オーガニック:柔軟な使用感で、低価格。しかし、高温時の性能低下が見られる。

性能面では、制動力、耐熱性、耐摩耗性、さらには騒音レベルやブレーキダストの発生など、様々な要素を考慮する必要があります。

車種と年式に合った選び方

また、所有している車の車種と年式に合ったブレーキパッドを選ぶことも非常に重要です。各車種、年式ごとに適合するブレーキパッドが異なるため、事前に自動車のマニュアルや信頼できる販売者の適合表を確認することが必須となります。

適切なブレーキパッドの選択には、上記のポイントを参考にしつつ、自分の車にとって最良な選択をすることが重要です。また、交換の際は専門知識を有する業者に依頼するか、自身で作業を行う場合は正しい手順と安全対策を万全にしてください。

ブレーキパッドの正しい選択と交換は、車両のパフォーマンスを最適化し、運転の安全を守るために不可欠です。上述したガイドを参考に、最適なブレーキパッドを選び、安全で快適なドライビングを楽しみましょう。

交換後のチェックと試運転

ブレーキパッドの交換を終えた後、正常に機能するかどうか、詳細にチェックする必要があります。このセクションでは、ブレーキの動作確認、異音や異常振動のチェック、そして正しいエア抜きの確認方法を解説します。

ブレーキの動作確認

ブレーキパッドを新しいものに交換した後は、まずエンジンを始動する前に、停車状態で数回ブレーキペダルを踏んで、適正な硬さがあるか確認しましょう。次に、エンジンを始動し、低速で動かしながら、ブレーキを軽くかけてみて、正常に機能するかテストします。ブレーキペダルの踏み応えがあるままでなければ、安全な空間で何度か停止試験をして、ブレーキの反応をチェックしてください。

異音や異常振動のチェック

試運転中に、ブレーキをかけたときに「キーキー」「グルグル」といった異音や異常な振動が発生する場合、ブレーキパッドの取り付けが不適切な可能性があります。また、ブレーキディスク(ローター)とブレーキパッド間に異物が挟まっている場合も異音の原因になり得ます。何らかの異常があれば、再度取り付けを確認し、必要に応じて専門の整備工場に相談しましょう。

正しいエア抜きの確認方法

ブレーキフルードを交換したり、調整した際にはエア抜きが必要です。エア抜きが不十分だと、ブレーキペダルが不自然に柔らかくなったり、効きが悪くなることがあります。エア抜きが適切にされているか確認するには、エンジンを停止させた状態で、ブレーキペダルを数回深く踏みます。その後、ペダルを押し込んだ状態で数秒間保持し、ペダルが徐々に下がっていかないかを確認します。もしペダルが下がるようであれば、エアが残っている可能性があり、エア抜き作業をやり直す必要があります。

以上のチェックと試運転を丁寧に行うことで、ブレーキパッドの交換後も安全に車を運転することが可能になります。何か異常を感じたら、無理をせず専門の整備工場で点検を受けてください。

まとめ

ブレーキパッド交換は、自分で行えば安全性の確保とコスト削減につながります。また、車の仕組みを深く理解する良い機会になります。

手順や注意点はこの記事の内容を参考にして下さい。ただし、途中で分からない点や問題があれば、迷わず専門家や専門店に助けを求めて下さい。

ブレーキパッドの交換は車の安全性に直結する重要な作業です。正しい方法で交換を行い、安全な車を維持しましょう。

このブログはヨロスト。が運営しています。

引用元:ヨロスト公式HP

ヨロスト。は自動車関連の商品を取り扱うオンラインストアです。オイルフィルターやエンジンオイルといった必需品から、さまざまな自動車関連用品を取り扱っています。

自動車関連用品のオンラインストアは数多くありますが、ヨロスト。は品質の良い商品をリーズナブルな価格で提供しており、コストパフォーマンスの高さがセールスポイント。安価なオンラインストアは他にもありますが、一定水準の品質を保つオンラインストアは多くありません。

また、オンラインストアでは珍しく電話での対応も重要視しています。ちょっとしたこともお電話いただいてOK。もちろん、お電話でのご注文も可能です。

電話番号:0120-464-804
電話対応時間:10:00〜13:00、14:00〜16:00
files/898111.jpg

OHYAMA ブレーキ&パーツクリーナー840ml(容剤量 588ml)

410円(税込)~

files/5284f72cb18e0f4ca4442ebfcec2affe_5dd2ce17-4677-46c0-9b0a-9691756bbc62.png

PIT CREW 3Tフロアジャッキ(ガレージジャッキ)

23,000円(税込)~

files/5284f72cb18e0f4ca4442ebfcec2affe_7b2b3ac0-12c3-4f7c-831e-c44b755037c8.png

PIT CREW ジャッキスタンド(馬ジャッキ)3T

4,700円(税込)~

2024年3月23日

CONTACT

お問合せ

ヨロスト。へのお問合せは
コチラから

大量注文などのご要望も
お気軽にご連絡ください